スマホVRは意外と動画鑑賞が面白い

sumahodouga

どうも皆さんこんにちは先日購入したVRゴーグルを使い倒しているTsubasaです。

スマホVRってほんとに手軽ですよね。

例えばスマホ以外でVRを楽しもうとするとPCやPS4なんかになるのですが、それらは価格が10万や20万とかなり高額なのでなかなか手をだせません。PSVRは既存のパソコンで楽しむVRより価格を抑えてきたのですが、それでも約8万円です。

今やスマホは1人1台持つのが当たり前ですから、スマホの値段は無視できますよね?そしてスマホ用のVRゴーグルは2000円-3000円ほどで質のいいのが買えますからハードルがかなり低いです。

僕はPSVRで財布から50000円削ってたせいか、スマホVRゴーグルの2000円というやすさに驚いて驚きが覚めることにはAmazonをポチッでしたね笑

それから手軽さにちょこちょこ使っているのですが、今日はそのスマホVRから僕が最近ハマっている楽しみ方の1つを紹介します。

スポンサーリンク
ad

スマホVRで動画を見る楽しさ

寝転びながらでも前に画面が来る

僕がスマホVRで動画鑑賞してていいなと思ったのはまさにこれで、寝転びながらでも動画が見れるんですよね。

寝転びながら画面を見るって結構大変なことだと思うんです。

床に寝転がると、テレビとかは横向きになりますよね。親父といえばこれ!みたいな寝転がって手で頭を支えるポーズを使えばいい感じに見えますが、姿勢が悪くなるのは目に見えています笑。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

ほかだとスマホですね。でもあれを寝転がりながら見ると、手が異常に疲れます。常に自分の顔の前に位置させておかないといけませんからね。

しかも上向いて見てると疲れが溜まって悲惨なことになることも?。

11444

でもこのVRゴーグルを使えば完全に寝転びながら動画をみることができるのですね。心臓が止まりそうになりながら落ちてくるスマホを避けるという行事もなくなるわけです。

114446

こんな感じ。僕は完全体と呼んでいますw。

完全体で動画を見ていると「はぁ、幸せ。」という気持ちが溢れて来て、さらに動画を盛り上げてくれます。

座っている体制は体に悪いし疲れる。しかし今までの寝転びながらだと、姿勢が悪くなったり心臓が止まる思いもしなくちゃならなかった(w)のが、VRを使うことで解消されました。

体感が超大画面

映画館並みってギリ言えるくらい笑

VRのいいとこに、体感の画面サイズが大きくなるというのがあります。こればかりは正式なデータがありませんが、PSVRの体感より少し小さいくらいの感覚なので、体感100インチってとこでしょうか?これは大きさも変えれるし個人差もあるので、一概に「これ」って言う数字は出せませんが。

スマホだけではないのですが、VRで動画を見ると体感の大きさがすごくでかいんですよね。さっき100インチと書きましたが本当にそれくらいで、友人の家にある50インチのテレビと見比べてもVRのほうが体感は大きかったです。

スマホVRのデメリット

画質が荒い

スマホの画面の解像度は1920×1080ドットが一般的です。最近発売されたiPhone7は 1334 x 750で、Plusのほうが1920×1080みたいです。7って意外と解像度低いんですね。

ま、そのへんは置いといて。スマホVRは画面を2分割して使います。なので実質使えるドット数は

960×1080ドット(1920×1080の場合)となるわけですね

「え、でもそれだとまだなんとかなりそうだけど?」と思ったあなた。そうなんです僕も最初はそう思ったんですよ。でもこれを見てください。

wp-1479035025167.jpg

実はVRで動画を再生しているときって、画面にはこれくらいしか表示していません。角度の関係とかでね。

なので実質動画で使えるピクセル数はもっと少なくなります。これ以上動画大きくすると目をキョロキョロさせないと見えません。なので小さいんです。

そして、動画を小さくすると画質は意外と荒くなります。でもこれで1080pとか720pの動画を見ましたが、まず720pの動画は全然見れます!1080pは個人差出ると思いますが、僕は「これくないなら妥協できるな」てな感じで見れました。

だって寝転んで完全体で見れるんだもん笑。

画面の端が見にくい

wp-1479035025167

これに限らずVRゴーグルはレンズを使っています。メガネの形じゃなく虫眼鏡のように真ん中が膨らんでいるのですね。

だから画像のオレンジ丸の外側は少し歪みます。これに関しては視聴にも影響するくらい。PSVRは大きいレンズを使っているので気にならないですが、スマホのVRゴーグルは小さめのレンズが多いので両方使っていると気になりますね。

もしVRゴーグルを購入するときは、レンズが大きいものを選ぶといいかもしれません。

VRゴーグルで動画を見れるサービスが少ない

まだVRは新しい物なので、見れるサービスは少ないです。

例えば僕がよくお世話になっているAmazonプライムビデオではスマホVRを使うことができません。VRは画面を2分割にする必要がありますから、ゴーグルがあってもアプリ側が対応していないと意味が無いんですよね。いつかは対応すると思いますが、、、

YoutubeもVRに対応している動画なら見れるんですが、見るまでに、スマホで動画を選択→再生画面でカードボードボタンを押す→VRゴーグルにセットする→見る。と、見るまですごくめんどくさいんですよね。ま、VR動画はそれくらいしても見る価値はあるんだけどね笑

僕的にはVRゴーグルをつけたままでも操作できるようになれば「VRゴーグルの買い時」じゃないかと思います。

まとめ

今日紹介したように動画を見るとき、完全体になることでいつも小さな画面で見ていたのを楽しく変貌させてくれます。

でも今のところデメリットのほうが目立っているのであまりおすすめはしません。そのうちもっとVR対応のアプリとかいっぱい出てくると思いますが、今は少ないのが現実なので。

それでも気になった方や、試してみたい方は一度VRゴーグルをチェックしてみてはいかがでしょうか?

では!!

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad