【つまらない】ソシャゲに僕がはまらない理由

皆さんスマホでゲームはするでしょうか?

僕はスマホでゲームするということはあまりなく基本はPS4やPCでゲームをプレイしています。

スマホに入っているアプリは生活向上アプリがほとんどで入ってるゲームと言ったらパズル系とかが多いですね。ツムツムにもはまってましたがすぐに飽きましたね笑

やっぱりスマホでするゲームには何らかの限界があります。グラフィック、操作性、ルール、発熱とか結構あるんですよね。

僕がやらないのはこの辺に限界を感じるからで、一時期はまることもあるのですがものの数週間で飽きてしまいます。

今日は僕がなぜソシャゲをしないのか?面白くないと思う理由を紹介します。

あ!

あと、ここで言うソシャゲは無料で始めれてガチャや課金要素があるオンラインゲームを指します。

本当の意味のソーシャルゲームはもっといろんな意味を持っているので、今日言うソーシャルゲームはその範囲ということで。

スポンサーリンク
ad

ソシャゲが面白くない理由

いたちごっこの繰り返し

僕が初めてソシャゲをしたのは忘れもしません「パズドラ」です。

iPhoneででたパズドラは無料で始めれてパズルの要素があるので当時としては新しく、瞬く間に友人内で話題になり大人気になりました。

僕も結構はまってて、今までプレイしたソシャゲでは一番長いことプレイしたゲームでもあります。

当時一番強かったのはエンシェントドラゴンナイトというモンスターで自分のリーダーとフレンド両方それにするというのが当たり前でした。

パズドラがわからない人は当時の最強の組み合わせがあったと思ってください。

そしてそれから数年がたった今は、新しいモンスターの追加やシステムの変更もあってそのモンスターを使う人はいませんね。

ま、結局何が言いたいかというと、ソシャゲのゲームサイクルは、最強にユーザーがたどり着き、運営が最強を引き上げることを繰り返すということ。

まさにいたちごっこなのです。

最強のカードやモンスターを入手しても一年後、いや早くて半年もすれば最強ではなくなっているのです。

ステータスがモノを言う

さらにソシャゲは実力要素がかなり低くステータス重視な面が非常に多いです。

最近の対戦要素があるゲームでは同じレベルの人と戦うように設定されていますが、それでも友人と戦うときはレベル差があってまともに戦うことなんかできません。一撃決着ですよ笑。

でも僕がプレイするゲームはそういうステータス要素が少ないゲームなんです。

例えばFPSという銃で撃ちあうゲームで言うと、初心者でも上級者を倒すことはできるのです。

仲間におとりになってもらう、上級者についていく、罠にかける、背後を取る、相手の考えの裏を突くなどなど、、、。

僕も戦って各上と感じた相手は頭脳戦で応戦します。

実力では負けてても作戦で勝てるのが面白い。

しかし強い駒がモノを言うソシャゲでは「強い駒=強い」となってしまうので、結局はそこがカギを握る。「新しいステージではこのキャラクターが必要」、「新しく追加されたキャラは強いから絶対手に入れないと」、「OOのキャラ持っているフレンド募集」こうなると、ガチャとかに頼り始めゲームの本質がぼけるので面白くなくなる。

これ重要です。

時間が勝つか、課金が勝つか

By: Kris

僕の世代は比較的パズドラの非課金勢が多いです。強いのにね。

というのもサービス開始当初からプレイしている人が多いからなんです。

ソシャゲの特徴の一つとして課金しなければ進むスピードには限界があるという要素がありますね。

大体スタミナとかそのようなステータスで縛られます。

だから無課金で進めるにはいかに効率よく時間を使うかが肝になってきます。通勤通学時間、お昼、休憩時間、寝る前など。時間をうまく使えると確実に強くなっていくんですね。

つまり「時間=強さ」になってきます。

一方課金はそのスタミナを増やす行為やそのモンスターガチャなんかを引くことができ時間にとらわれなく進むことができます。

だから「課金=強さ」になるわけですね。

こうなると時間に余裕がありまくる暇人か、お金に余裕がある金持ちが強くなるんですよね。

時間に縛られたくない

僕がこの手のゲームで飽きるタイミングありましてですね。

それが時間に縛られたと感じたときなんですね。

無課金で進めるには時間をいかにうまく使うかが強くなる秘訣って言いましたよね。スタミナをいかにうまく使うかです。

つまり言い換えるとスタミナが満タンなのにゲームをしないということは。時間の無駄という考えに繋がるんですね。

すると「満タンになる前につかわなきゃ」「寝る前にミッションいかないと」という考えになってしまいます。

さらに時間限定のモンスターミッションなんかもよくある話。

「昼の1時間しか登場しないから昼にプレイしなきゃ」「3日限定だからいっぱいプレイしなきゃ」ってなります。

そうなっちゃうと時間に縛られている感覚が芽生えてきて、自分にとっての辛さに変わってきます。こうなったら終わりです。もはやゲームをすることがストレスになる。

だから僕は飽きてます。というよりやめるに近いかな。

リアルが進歩しない

ソシャゲって3Dモデルは使わないですよね。ほとんどが絵とかを使っています。2Dか3Dかってやつです。

中には3Dモデルと使っているものもありますが、PCやPS4グラフィックでリアルを体験すると目が肥えるのでスマホレベルのものは見れない。目が痛くなる笑

スマホのCPUなんていくら進歩しても知れてます。

スマホって小さいですよね。だからパワフルなCPUを持たせられないんです。もしそこに大きなパワーを持たせようとすると発熱問題が出てきてファンなんかが必要になってくる。でもスマホにファンなんかつけたいですか?つけたくないですよね笑。

結果処理能力には限界があります。

最近のandroidなんてスマホで3Dゲームとかの負荷かけると簡単に熱くなりますよ。僕の前使ってたスマホなんか10分くらいですぐにオーバーヒートで端末の動画が重くなってましたからね笑。

だからリアルが進化しないんです。ちゃっちいものしか見れない。

比べ今のゲームはVRに向かっています。これはさらにマシンスペックが必要とされるのでスマホはVR動画にとどまりそうですね。

アクションゲームがない

操作性がタッチパネルだからですね。

スマホでゲームをするということはタッチパネルですよね。これってゲームパッド(コントローラー)やマウスキーボードに比べるとかなり操作性が変わるんですよ。

特にPCやPS4などのアクションゲームでは細かい操作や激しい操作が要求されますので、手元を見ずにそれができるボタンなどが向いているんですよね。

FPSをスマホで何個かプレイしたことがありましたが、そりゃひどかった。一つだけ面白いのがあったけどそれは移動が自動でしたね。

とにかくタッチパネルという操作がアクションには向いていなんです。

これはアクションゲーム大好きの僕としてはかなりつらいこと。

でも完全否定しているわけではない

こんなことをたくさん今日は語りました。でも心底にある思いは

面白いソシャゲが出てくるのが楽しみなんです

確かに今はリアリティもなく操作性も悪いです。でもそれも時間の問題でしょう。最近のスマホは性能が良くなってきて、今僕が使っているノートパソコンと大差ない性能のスマホも手にすることができます。

時間が経てばスマホももっと性能が良くなっていきます。すると今はできないスマホゲーム体験もできるも近い未来できるようになっていると思うのです。

最近はVRが盛んですよね。スマホもゴーグルを使えばVRを使うことができるのですよ。

いつか必ずスマホに革命的ゲームが来る。僕はその瞬間が来るのが楽しみなんですよね。なんだかんだでゲームが好きなのです。

まとめ

ゲームは楽しむためにするもの、目的が楽しむことから強い駒集めになると辛さになる。やめたらほんとに楽になれるよね。

でもいつかそれすらも覆してくれるスマホゲームを楽しみにしています。

ってことが言いたかった。

では

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad