スマホのVRを買ったからPSVRと比較してみる

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9bvrps

どうも皆さんこんにちはTsubasaです。

つい先日PlayStationVRは今買うべきなのか考えている方向けに”買いではない3っつの理由”という記事を公開しました。

参考→PSVRが今買いではない3つの理由

実はその記事を公開した次日くらいですかね?スマホ用のVR視聴用ヘッドマウントを買ったんですね。

ちなみにこれです。

wp-1477741725030.jpg

価格も2000円とVRを楽しむには安すぎると言っていいくらいの値段でした。気になる方は以下からどうぞ。

ちなみにこれを使用した僕のスマホはNexus6(無印)です。4 – 6.5インチまで対応と書いてあるので。ちゃんと使えましたね。

さ、少し脱線してしまいましたが今日記事にしたいのは

スマホVRとPSVRの違いです

同じVR同士仕組みはほぼ同じなのですが、それぞれで「できること」が全く違ったのでこれから紹介していきます。

ではおつきあいを~

スポンサーリンク
ad

スマホのVRとPSVRの違い

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9bvrps2

画像何が違う?

トラッキング機能の有無

最初に持ってきましたがこれが今日1のネタで、VRはこのトラッキング機能があるかないかでVR体験が全然違います。

VR用語においてトラッキングとは、漠然とした表現で言うと、動きを感知し追跡する機能。

VRInside – トラッキングとは?

僕からも簡単に言うと、「仮想の世界で自分がどこにいるかを追跡してくれる機能」です。前に行くと前へ、後ろに行くと後ろへ、左右も同様に。

PSVRを使うにはPSCameraが必要なんです。これはカメラでVRヘッドマウントディスプレイを認識し、トラッキングするため。だからPSVRって青く光ってるんですよ。あの光をカメラで追っているんですね。

このトラッキング機能があると、頭を前後に動かしたり、目の前にいるJKを回り込んで見たり(サマーレッスン)できるんですよ。

スマホのVRはジャイロ(傾き)センサーしか使えないのでこれができないんです。

だからスマホのVRでは首を回すぐらいの動作しか検知してくれないんですね。

これはVR体験を大幅に変える要素で、ほんとに大きいことでした。

動作の安定性

次に動作の安定性です。

スマホのVRを使っていると数10分で端末が”あっつあつ”になります笑

初めてこうなったとき僕は「こんなに熱くなって大丈夫?発火しない?」と疑いましたね。バッテリーの発火なんて昔から何回もニュースになってますよね、自分もそれに載ったらどうしよ?と思ってしまうくらい熱くなります。

そして熱くなると同時に引き起こされるのが、動作のもたつき。PCでもゲームでもスマートフォンでも、一番の敵は熱です。

さらにスマホはPCやゲームと違い、熱を逃がすためのファンが付いていませんので、より一層熱が溜まりやすい構造です。

熱が溜まってくると、スマホは動きがカクカクしてきますよね。だからスマホでVR視聴中も本体に熱が溜まってくるとジャイロの検知がもたつき、カクカクしてきます。見れない程じゃないですが、ちょっと気になりますね。(VR酔いも起きやすくなりますし、、、)

一方PSVRはそんなことなく、傾きの検知は最高に良いです。長時間JKを見続けても快適です(サマーレッスン笑)。

おまけにジャイロの反応速度もPSVRのほうがキビキビしてましたね。

利用できるサービスの違い

現在PSVRはPS4を使わないと動かすことができません。なので、、

PSVRでできること≒PS4のできること

ということ。ほぼ等しい(≒)としたのはPSVR専用コンテンツがあるからです。

シアターモードならHDMI出力がある機器で使えるのですが、肝心のVRはPS4で対応したソフトでしか使用することができません。しかしVRタイトルも少ないのが現状。かなり限定されていますね。今後増えていくと思うので。時間が経てば解決してくれますが、、、

それに対しスマホはVRのアプリが充実しています。僕が調べただけでも無料でたくさんのアプリを発見することができました。1つ1つのボリュームはPSVRにはかなわないですが、量では圧倒的に多いので以外と楽しむことができますよ。

PSVR、現時点ではYoutubeをVRで見ることができない

あとこれも言っておかなくてはいけませんね。

今(2016/10/30現在)Youtubeに投稿されているVR動画をPSVRでは見ることができません。僕も最初は「えっ見れないの?」となりましたからね。アプリが対応していないんです。

本気になれば、動画をPCにDLして→USBに突っ込んでPS4に指せば→VRモードを使って見ることができるのですが、これだと平面の360°動画しかできず、VRの強みである立体はなくなります。これは実際に試してみました。

でもおそらく対応してくるはずでしょう。根拠はないですが笑、まさかYoutubeをPSVRに対応させないわけがないと思います笑

僕の今のところの使い方

ですので今のところPSVRはゲームをするためだけに使っています。もうちょっとYoutubeと見れるようになればこっちメインになってくるでしょうがね。

それに対しスマホVRはYoutubeに上がっているVR動画を見るのに使っています。ほんといいですねいろんな意味で(意味深、)。

価格

さて気になる価格ですが、

PSVRを楽しむのに最低限必要なのはPS4(税抜き34,980円)とPSVRとPSCamera(税抜き49,980円)、合わせて

84,960円+税とソフト代ってとこでしょう、まあ10万円あれば楽しめます。

それに対しスマホは端末を何にするかで価格がガラッと変わるのですが、今スマホは1人1台なのである意味価格は無視してもいいじゃないかと思います。一応Androidコスパ最強と言われるZenfoneを例にして並べますと、、

Zenfone3(42,984円)+VRゴーグル(約2000円)で、約45000円ってとこですね。

うん、安いよね笑

そうなんですよ、スマホでVRを楽しむのって実はすごくお得なんですね。

PSVRなどが持っているトラッキング機能を味わえないものの、VRを楽しむには実はスマホが一番財布効率が良かったりします。

PSVRだとPS4を持ってたとしても50000円かかりますもんね。それに対しスマホなら2000円で楽しめるのですよ?

まとめ

PCのVRやPSVR機器はなんだかんだで高いので

今はスマホのVRで楽しむのが一番いいね

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad