PS4のゲームを1080pの60fpsで録画するならこのキャプチャーボードがおすすめ!

どうも皆さんこんにちは。Tsubasaです。かれこれゲーム実況をし始めて1年ほどがたちます。

僕はPS4のゲームをメインで実況しているんですが、皆さんPS4でゲームをするときの最高画質って知っていますか?

知ってる方もたくさんいらっしゃると思いますが、PS4の最高画質は

1920×1080の毎秒60フレームです。Youtubeの画質で言うと1080pの60fps。

最近はYoutubeも高画質に対応して1080pの60fpsで実況動画を上げる実況者さんも多くなってきました。やっぱり画質が良いと動画はもっと面白くなりますもんね。

さてその画質なのですが、ゲーム実況を始める際に気をつけないと行けないのがキャプチャーボード選びです。

キャプチャーボードとはゲーム画面の出力を読み込み、パソコンでゲームプレイを保存できる機器で最近はたくさんのキャプチャーボードがラインナップされるようになりました。

ラインナップが増えるのは良いのですが、増えると同時起こる現象が、

結局どれを選べばいいの?問題

機器の種類が増えるのは良いのですが、それによってゲーム実況初心者には「どれを選べば良いのかわからない!」と叫んでしまう羽目になります。

なので今日はPS4で1年間ゲーム実況してきた僕が「実際に使っているおすすめキャプチャーボード」を紹介します!

スポンサーリンク
ad

1番のおすすめはAVerMediaさんのGC550!

wp-1472369330830.jpg

↑実際に僕が使っているの

GC550はおそらくキャプチャーボードの種類ではかなり高価な機器です。

その代わり性能は十分備わっていて、PS4でゲーム実況するには一番優秀な機器となっています。

高性能に伴いシステム要件が厳しめなので要確認

GC550システム要件

最高1080pの60fpsで録画が可能!

最近キャプチャーボードはたくさんの種類のものがラインナップされていますが、それぞれ録画できる画質も様々です。その中でもこの機器は最高1080p/60fpsで録画することができます。

お気づきですか?

そうなのです!PS4の最高出力と同じなのですね!

例えばPS4のビデオクリップ機能で保存した動画だと画質720p/30fpsなのでどうしても粗さが目立ってしまいます。しかし、このGC550ならPS4の画質を最大限に活かしたまま編集できるわけ。

だからおすすめなのですね。

パススルー機能搭載で遅延を気にせずプレイできる!

パススルーとはキャプチャーボードに受け取った映像信号を遅延無しで出力する機能です。

と言ってもいまいちわかりにくいと思うので簡単に説明すると、、

パススルー機能がないキャプチャーボードは、ゲームから取り込んだ映像をパソコン表示してそれを見てゲームをプレイします。

しかし、パソコンに映しだすとゲーム映像に数コマの遅延が発生してしまいます。RPGなどタイミングにシビアなゲームじゃなければ気にならないかもしれませんが、FPSや格ゲーなどタイミングや0.1秒の争いになるゲームだと遅延は致命傷になるでしょう。

それに比べパススルー機能が付いているこのGC550はHDMIで取り込んだ映像を遅延無しでHDMIに出力できる機能(パススルー)が備わっているので。FPSや格ゲーをプレイするときも遅延無しで楽しむことができるのですね。

まとめ

ってことで今回の紹介をまとめると

  • 最高1080p/60fpsの録画でPS4と相性抜群のキャプチャーボード!
  • パススルー機能搭載で遅延ゼロ!
  • 値段は少し高いが、今のところ最善の機器

ということです!

では!

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad