【注意】テレビやネットの情報をそのまま信用してはいけない!

photo credit: OMG via photopin (license)

photo credit: OMG via photopin (license)

あなたはネットやテレビ、いわゆるメディアの情報を「そのまま」信用してませんか?

テレビはニュース番組やCMがあります。インターネットはブログとかニュースサイトとかですね。

メディア本当に便利ですよね。見てて面白いし、ネットの情報は自分のほしい知識が選り取り見取り。

しかしそれは本当に便利なだけですか?

メディア、そこには意外な落とし穴があるかもしれません。

[adsense]

スポンサーリンク
ad

メディアの情報を鵜呑みにしてはいけない理由

毎日目にするテレビやネットもメディアですね。意外とイメージないかも知れませんが友人もそうですよ。

スマホやテレビなんて情報の巣ですよね笑。

しかしそこからくる情報を鵜呑みにしてはいけません。それにはちゃんと理由があります。

メディアからくる情報は真実ではない

メディアは情報を編集しています。そこから流れてくる情報は

[出来事や情報→私たち]ではなく、

[出来事や情報→メディア→私たち]なのですね。

情報と私たちの間にメディアが挟まっているのです。そしてこれが一番重要なことです。このメディアを通すことによって情報の真実がなくなるのですね。

なぜなくなるのか?て言われると簡単には説明できないのですが笑。

例えば、絵を描く上手さが同じの2人にりんご渡して「この絵を描いてください。」と頼むと全く同じ絵を描くと思いますか?形が微妙に違ったり色使いに違いがでると思いませんか?

人は1人1人ものの見方や見え方が違うのです。

同じ出来事も注目する視点が違ったりします。もちろん情報も見る人が違えば伝え方も変わるのです。メディアも裏返せばそこには人がいます。

だからメディアが入ると真実ではなくなるのです。

間違った情報なんてその辺に転がっている

2ch、wiki、知恵袋それらの情報も全部本当だとは限りません。2chも簡単にうそをつけますし、wikiも誰でも簡単に編集できます、知恵袋も回答者が違ったら答えも違うなんてことはよくあることです。

でも僕が最近思うのはtwitterで特にそういうことが多いことです。友人のリツイートとかでよく回ってきますね。

最近だと100リツイートほどされている画像が回ってきて、そこには外人が過酷な仕事をしていました。そして「見えないところで人はがんばっている」みたいな内容が書いてあったのですが、その画像には英語で「仕事を間違えると人生がなくなる」という意味のことが書いていました。全然意味が違います。ネガティブとポジティブ、全く逆のことを書いていました。

もちろん、画像を投稿した本人は意味をわかっているかもしれません。しかし100リツイートのほとんどの人はこの意味をわかっていないでしょう。

本当にツイッターはそういうのが多いと思います。僕はツイッターで流れてきた情報はまず信じないですね笑

対策

photo credit: oh no via photopin (license)

photo credit: oh no via photopin (license)

テレビやネットの情報にウソがあるかもしれないということはわかりました。じゃあ次はどうすればいいか?対策を紹介します。

そのまま自分の知識にしない

ネットやテレビの情報は直接とらえずに、いったん脳の片隅においておきましょう。

テレビの場合、僕が特に注意しなくてはいけないと思っているのはCMだと思います。CMで流れていることはプラスなイメージのことですよね?まさか企業がCMでマイナスイメージをつけるようなことはしません。

携帯会社なら「通話料が無料!」とかです。

しかしそこに思わぬ落とし穴があったりするわけですよね~。どこかに小さい文字で注意書きが書いてませんか?正直あんなのすぐには読めないです。

裏づけを取る

何でも情報には裏づけをつけましょう。ニュースサイトなら信用が大事なのでしなくてもいいかもしれません。ですが、掲示板やさっき僕が行ったtwitterなんかは特に注意が必要です。どちらもスマホがあればどこでも得れる情報なので気をつけましょう。

ぼくは怪しい情報、特にTwitter(笑)は必ずGoogleで検索をします。3個ぐらい関係した情報を見つけれればちょっとは信じます。

自分の中で信じる基準を定めておきましょう。

見る視点を変える

時には視点を変えることも重要です。

たとえば同じニュースでもテレビとネットで確認してみるとか、友人から聞いたことをほかの友人からもう一回聞いてみるとか。

そういうことしていると意外な事実が見えて来ることは珍しいことではありません。人間は結構適当な生き物なので間違えるのは当たり前です。別に間違いが悪いことなのではなく、

その目の前のものをそのまま受け止めるか、一歩引いて別の視点から見ることができるのかが重要なのです。

別の視点で見ることができれば目の前にある情報も変わるかもしれません。

まとめ

色々語りましたが、このブログも立派なメディアということを忘れないでください!!笑

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad