直島のおすすめスポットを僕が行った回り方で紹介!

2015.05.03 鬥吝キ昴€∫峩蟲カ縲∬ア雁ウカ 068

先日直島というところにいってきました。島のところどころにアートがあるまさにアートの島って感じです。

本当に面白い作品がたくさんありましたね。見てるだけで時間を忘れてしまいます。

僕は珍しいものを見つけると写真をとりますが、なぜかこの島にいるときはカメラがあんまり動きませんでした。それぐらいなんか脳に刺激が来るというかなんというか、とにかく不思議な島です笑

息抜きにも最適な現実逃避できる島。

そんな直島を紹介します。

[adsense]

スポンサーリンク
ad

僕が回った順に紹介!

最初僕は1日で島の名所を回りきろうと考えていましたが、無理です。とても一日では回れません笑。

もう1回はいきたいですな~

では僕が実際に回った順にスポットを紹介します。

1、赤かぼちゃ

2015.05.03 鬥吝キ昴€∫峩蟲カ縲∬ア雁ウカ 064

港に着いて船を下りたらすぐに赤かぼちゃを見に行きました。

宮浦港に着いたときに出迎えてくれるのが赤かぼちゃです。これ目当てで直島に行くようなものですよね。僕もこれを見に行ったようなもんですから。

船が港に着いたら普通に見えるので場所は簡単だと思います

そこから地中美術館までの道のりに

DSC_2827

こんなアートも

中で海外の旅行客が寝ています(笑)僕も真似しましたが意外とこれが心地いい。もうちょっとで寝てしまうところだった笑

2、地中美術館

DSC_2818

僕は原付を予約していたのですぐに美術館までいけましたが、電動自転車をレンタルする場合は赤かぼちゃを飛ばしてここにきてもいいかもしれません。美術館のチケットは混雑するかもしれないですし、赤かカボチャは後で見ることもできますからね。

チケット売り場は美術館とは別の駐車場と駐輪場のところにあるのでそこだけ注意してください。あと開館は10時からでチケットは9時40分から買えました。休日とかは混雑するみたいなので先にチケットを買いに行くのもありです。

人や時期にもよるとおもいますが僕は1時間30分ぐらいいてましたね。あんまり時間はたったような感じはしなかったのですが、作品を見ていると別の世界にいるような感覚になって時間を忘れてしまいました。

3、南瓜

2015.05.03 鬥吝キ昴€∫峩蟲カ縲∬ア雁ウカ 073

地中美術館を後にして次は南瓜を見に行きました。美術館からグネグネの道を行き坂のアップダウンを乗り越えればいけます。駐輪場に自転車をとめてちょっと歩いたところにありますね。

これも「直島」で検索かけると画像が大量に出てくるぐらい有名なので絶対にいっておきたいですね。

4、ベネッセハウスショップ

カボチャからもうちょっと歩いたところににベネッセハウスショップというのがあります。ここでは直島のグッズやお土産がありますので一回よってみるといいですよ。

アートがらみのグッズなのでお世辞にも安いとはいえないですが、どれもほしくなるようなものばかりでした。(あ~お金があれば笑)

僕は記念にカボチャのファイルを買いました。(キーホルダーがなかなかいい値段で手が出なかった笑)

IMG_6563

これがカボチャのファイル。お値段は450円くらいだったと思います。使おうか使わないかめっちゃ悩みます笑

5、カフェサロン中奥

2015.05.03 鬥吝キ昴€∫峩蟲カ縲∬ア雁ウカ 092

昼ごはんは奥中というおしゃれなカフェで食べました。

場所が少しややこしいです。道からわき道にそれたところにありました。小さな看板が立っているのでよく見ればわかると思います。

駐輪場はその看板の置くにありますが正直そんなにとめれませんね。つめつめで8台くらいでしょう。

そして僕が注文したのは「ふわとろオムライスの特製ココナッツ入りカレーソース」の「ランチセットB」を注文しました。ドリンクはオリーブサイダーを選択。

DSC_2824

これがオリーブサイダー、普通においしかった!

DSC_2825

こちらがオムライス。このカレーソースがスパイシーで特においしかったです!

料理もおいしくてカフェの雰囲気もいいのでよければいってみてください!

公式サイトカフェサロン中奥

6、I ♥ 湯

2015.05.03 鬥吝キ昴€∫峩蟲カ縲∬ア雁ウカ 097

昼ごはんを食べてからこのI ♥ 湯に行くまでに調子にのって島を2週しました笑。

この銭湯も訪れたほうがいいですね。入浴しなくてもタオルだけでも買えますので記念にもいいですね(310円)。

入浴は510円とまあまあこんなもんですね。

※注意
タオル、シャンプー、ボディソープなどはありませんので持参か入浴券とは別にお風呂セット(1000円)を買ってください。

7、宮浦港にあるお土産屋さん

宮浦港にもお土産屋さんがあります。ここにはカボチャグッズもありましたし、お土産用のお菓子もありました。

ですがお土産は、ここにしかない場合も、ベネッセハウスショップにしかない場合もあるのでそこは注意しましょう。

ベネッセハウスはアートのお土産やグッズ、こっちはお菓子など直島のお土産がおいてありました。

いってわかったこと

自転車もいいけど原付もいい

今回僕はT.V.Cサービスさんで原付を借りたのですが正直これがなかなかよかったと思います。

直島はなんだかんだでアップダウンが多いですから電動自転車でもしんどいと思います。なので僕は原付をお勧めします。

原付なら駐輪場にも止めれますし、坂もなんのその!余裕です。島を一周するのも簡単で僕は1日で3週しましたからね。

原付は港前のT.V.Cサービスさんで1日2500円でレンタルできます。

リンク→http://www.tvc-service.com/

カップルなら125ccスクーターもお勧めです。タンデム(二人乗り)ができますのでただ島を回っているだけでも楽しいですよ。(二輪の免許所得後1年たっているなら)

125ccは4500円と原付よりも高いですが、二人で原付を借りるよりかは安いです。

意外とお金がかかる

僕は学生なのでお金はなるべく切り詰めたいと思っていますが、楽しむには結構お金がかかります。

往復の船、美術館の入館料、家プロジェクト、自転車(原付)レンタル、昼ごはん、お土産、、、、

観光地なのでわかりますが学生にはなかなかきつい出費になりそうです。お金には余裕をもっていきたいですね。

まとめ

本当にいい島なのでアートや美術館に興味がある方は絶対に行ったほうがいいです!

ちなみに直島は岡山と近いのに香川県なのです。

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad