ブログの記事を面白くする方法

photo credit: Laughing via photopin (license)

photo credit: Laughing via photopin (license)

誰でもブログ初心者のうちは記事に「面白さがないなあ」と思うときがあります。私も初めてブログを始めた時は「なにか面白くない」、「何か足りない」とよく思ったものです。

書いては書いては「何かが足りない」、「有名ブログの人のほうが面白い」と思うことが多くなってきます。

しかし、ブログを始めたばかりの初心者の場合、少しだけ本文に手を加えるだけで記事が面白くなります。

今日はその工夫を紹介します。

[adsense]

スポンサーリンク
ad

ただ単に記事を書くだけでは飽きられる

photo credit: Cat via photopin (license)

photo credit: Cat via photopin (license)

まだまだブログの駆け出しの場合、普通に記事を書いていくとどうしても単調になりがちです。そのまま同じような記事を書いていても単調になり続けるだけです。

何でも同じことが続くと飽きます。料理にたとえましょう。

あなたは毎日同じ味付けの料理を食べたいですか?

おいしい料理なら毎日続けて食べれるかもしれません。しかし毎日食べていると飽きるのが普通です。

ブログだって同じです。

同じような文が続いていると読者は飽きてきます。飽きられたら違うサイトに行ったりします。

飽きられたらブログは終わりです

記事を面白くする工夫

初心者のうちはちょっとの工夫をするだけでどんどん記事を面白くすることができます。

メリハリをつける

ネットサーフィンする人は基本的に忙しく時間がないです。どんだけ時間をかけて作った2000文字もある記事でも1分もしない間にほかへ行ってしまうことも普通にあります。

なので記事には太文字や大きな文字を使いましょう。

大きな文字とは

こんな感じ

の文字です。

太文字や大きな文字を活用すると長い記事でも最後まで読んでくれやすくなります。

ここだけは注意!

太文字や大きな文字を使うときは伝えたいことを強調するように使ってください

それとくれぐれも多用は厳禁です。あまり多用しすぎるとかえって読者が読み辛くなります。

見出しをつけて見やすく

見出しは検索エンジン的にも読者的にも重要です。

普通に長々と文章を書かれても見るのが疲れるだけです。

なのでわかりやすいようにテーマごとに見出しで区切りましょう、

見出しを使うときは書きたいことに分けるのが良いと思います。僕の場合先に書きたいことを見出しに書いてから本文を書いていきますね。

画像を付ける

photo credit: 16 April via photopin (license)

photo credit: 16 April via photopin (license)

画像も大事なテクニックの一つです。

記事を面白くするにも文字だけでは限界があります。

たとえばスマートフォンのアプリのレビューの記事を書いたとします。

いくら文章力やインパクトがあってもデザインは文字だけでは伝わりきりませんよね?

言葉で伝えにくいものには画像で伝えます。

もう1つ重要な役割

画像を挟むことにはもう1つメリットがあります。

それは一瞬記事を読むのが止まることです。

どういうことかというと、文章を読むことが止まることで小さな休憩になるのですね。

ほんの0.1秒程のことかもしれません。しかしその0.1秒は大きな1秒なのです。これがあるかないかでは全然違います。

文の終わりの文字を変えてみる

日本語の特徴なのですが、

記事を書いていると文の終わりが「す」で終わりやすいです(←まさにこれ笑)

これが何回も続くとなぜか面白くなくなりますね。

おそらく語尾に「す」が続く体験はほとんどの方があると思います。僕もありましたし。

語尾をほかの文字で終わらせれば解決できます。

たとえば、

簡単に変えれる方法では、「す」を「すね」に変えるのが簡単ですね(←笑)。

これだけでもだいぶ変わります。

最初は難しくても書いているうちにだんだん慣れてきますよ。

まとめ

初心者のうちは

  • メリハリ
  • 見出しを活用
  • 画像を使う
  • 語尾を変える

これで記事が読みやすく面白くなります。

あとは経験!!

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad