Chromebookは買いなのかを検証してみる

前回の記事で、”外出時に持ち運びが便利なノートパソコン”を条件をつけて色々考えていたところChromebookというノートパソコンにたどり着きました。

なので今回は”Chromebookは本当に「買い」なのか?”をスペックなどとともに検証していきたいと思います。

スポンサーリンク
ad

Chromebookの基本的な特徴

https://www.google.co.jp/chrome/devices/features/

https://www.google.co.jp/chrome/devices/features/

高速起動そしてサクサク

このパソコンの最大の特徴は”高速起動”や”サクサク”を売りにしていることでしょう。

一般的なパソコンで起動というとまあ結構かかりますよね。「外出先でサクッと使いたい」というような使い方を視野に入れている場合、サクサクつかえたほうがより使いですよね。別に”外出先”で限定しなくても家にいるときでも「サクッ」と起動してくれると、使う機会が増えます。

それだけでも買う価値はありそうな感じもします。

バッテリー持ちがいい

次の特徴としてバッテリーもちがいいです。

DellやASUS、acerなどの会社からChromebookは発売されていますが、そのほとんどのモデルが”バッテッリ約10時間駆動”です。10時間も持ってくれれば外出先でもバッテリには困らなさそうですね。

バッテリは余裕があるほうが気持ちに”余裕”が生まれて、PCに集中できます。

セキュリティ対策機能が標準搭載

これはWindowsユーザーにとってはうれしい機能です。

Chromebookには初めからセキュリティ対策ソフトが組み込まれています。なのでWindowsのように”ウイルス対策ソフト”をいちいちインストールしなくていいのです。なのでこのノートPCは買った後もお金がかかりにくいノートPCというわけなのですね。

「PC買ってウイルス対策ソフトも買わないといけない」なんてことはありません。

オフィスについて

photo credit: Keturah Stickann via photopin cc

photo credit: Keturah Stickann via photopin cc

私は、外出先でオフィスが使いたいのでなるべくそのあたりが整っておいてほしいです。

Chromebookには”オフィスが標準搭載”とAmazonのChromebookストアに書いていました。おそらくそのオフィスとは”Googleドキュメント”だと思います。しかしこれはGoogle製のアプリなのでMicrosoftとの相互性があるかと聞かれたら、「はい」と答えにくいソフトです。なのでChromebookでオフィスを使うならMicrosoft社が提供している”One drive”を使いましょう。そしてその機能にある”Office online”を使うのがいいです。それならMicrosoft Officeとの相互性もあるので、使いようになります。

このノートPCはHDDがない

photo credit: i ♥ via photopin cc

photo credit: i ♥ via photopin cc

これが私がこのノートPCを推す最大理由です。

ChromebookにはHDDではなくSSDが搭載されています。HDDは大容量なので保存容量には困りません。しかし私のように「家にデスクトップPCがあり、外出先でWEBやoffice程度の運用しか考えていない。」こんなハイスペックは”超無駄”になります。

さらにHDDは

  1. バッテリーもちが悪い
  2. SSDに比べて遅い
  3. 音がなっている

というようなデメリットがあります。私の場合”かなり静かな場所での運用”を視野に入れているので、ノイズがするHDDより静かなSSDのほうがいいです。

まとめ

このノートPCは

  • セキュリティ対策ソフトが標準でインストールされている
  • 高速起動&サクサク爽快
  • バッテリー持ちもいい
  • Office onlineで相互性が高いofficeができる
  • 安い!!

この五つのポイントが私にとって買いなのでしょう。

ってことで、”Chromebook”買いましょ~

ちょっと待った!

インターネットをさまよっているとちょっといい感じのノートPCを発見しました!

それは、、、

ASUS”EeeBook”

これはおもしろそうなPCですね。Chromebookとコンセプトが似ています。ぜひともほしい逸品です。

てか買いました(笑

詳しくは安い!軽い!コンパクト!のノートPCならASUS”Eeebook”こちらにどうぞ。

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad