【使わなきゃ損】iPhoneのカメラのHDRの上手な使い方!

photo credit: PA010007-Edit via photopin (license)

photo credit: PA010007-Edit via photopin (license)

みなさんはiPhoneのHDRという機能を使っていますか???

iPhoneにはHDR(ハイダイナミックレンジ)という機能がついています。iPhone4から?だったと思います。

みなさんは使っていますか?使ったことない。や、使ったことはあるけどいまいち使い方がわからない方もいると思います。しかし使いこなすとすごく便利な機能なのです!。これがついてるから今でもiPod touchを手放せないですからね笑。

HDRはいろんな機器についていますが中でもiPhoneのHDRは一つ頭が飛びぬけているので今日はこのiPhoneのHDRの使い方やいいところを紹介します。

スポンサーリンク
ad

HDR(ハイダイナミックレンジ)とは?

HDRとは、簡単に言うと、明るい、普通、暗いの三種類で写真を撮りそれぞれのいいところを合成して一枚のきれいな写真にする機能です。

使い方を覚えるだけでも便利な機能なので、ぜひ覚えてください!

使い方

まず使うには機能をオンにする必要があります。さっそくオンにしましょう。

まずカメラを開いてください。

IMG_5996

この矢印の所のHDRをタップしてください。

IMG_5995

そしてこのように黄色の文字になったらOKです。これで写真を撮れば、通常の写真とHDR加工された写真の二種類が保存されます。

このようにワンタップで気軽に使えます。

上手に使う方法

使い方がわかったら上手に使う方法も覚えてもっときれいな写真を撮っちゃいましょう!

まずは何回も使ってみてどんな写真が撮れるかの感覚を作りましょう。HDRは独特の写真が撮れますので。ぶっつけ本番ではうまくいきません。私は今でもHDRを使い一回で綺麗な写真が撮れる事は少ないです。しかし、何回も撮ってきれいな一枚が撮れた時のうれしさは大きいです。

では何がきれいに撮れるのかを紹介します。

空と暗いところが一緒に撮れる

暗いところと明るいところが一緒に撮れます。と、口で言われても伝えられないので、百聞は一見にしかず、実際に私が撮った写真を見てください。

私は趣味がバイクなのでよくその辺にフラフラ出かけます。もちろん外出先で写真を撮ります。ですが私のバイクは「黒」なのです。なので明るい空と暗い色のバイク撮ろうとすると、

IMG_4600

はい、こうなります。黒のバイクに明るさを合わせているので、明るい空は光り過ぎてしまいます。

しかし、この写真のHDR版は?

IMG_4601

このように明るい所をちゃんと修正してくれています!!これなら旅の記録もはかどりますね。

他のHDRの写真も見たかったらiPhone HDRで画像検索したらいっぱいでてきますよ~

動くものには向かない

しかし弱点もちゃんとあります。この機能は動きのあるものの撮影に向きません。

異なる明るさで3枚撮って合成しているので、それぞれの写真で大きくずれているものがあるとうまく合成できません。

なのでスポーツや動きの速いものは変な写真になってしまします。

とはいってもiPhoneのカメラは性能がいいので少しぐらいならごまかせます(笑

一枚だけ保存する方法

この機能を使って写真と撮影すると「HDRの写真」と「元の写真」が保存されます。最初のうちは慣れてなくて上手に撮れず元の写真がイイてことがあります。

しかし使っているうちに慣れてきて自分の取りたい写真が撮れるようになったとき、無駄に写真を保存してしまう機能になります。なので自分の思うような写真が撮れるようになったら、HDRの写真だけ保存する設定にしましょう。

方法は

設定→写真とカメラ→通常の写真を残すのスイッチをオフにします。

こうすると次からHDRの写真のみが保存されるようになります。

まとめ

iPhoneのHDRは使いやすく機能性も高いのです。

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad