B型は自己中じゃない!?

photo credit: B(éton)+9,40 via photopin (license)

photo credit: B(éton)+9,40 via photopin (license)

先日テレビを見ていたら【ビジネスNGワード】というのをみました。そこに気になるワードがあって、ネットで調べたらソースとみられる記事を見つました。そこの1位に気を引くものがあったので紹介します。

女性に聞いた!悪気なく言っているけど、相当失礼な発言ランキング1位「B型っぽい」

この1位にです。「B型っぽい」という言葉が相当失礼になるというものです。私はA型ですがこれについて語らしてもらいます。

スポンサーリンク
ad

B型について

B型というと友人にも結構いますよね。私の周りにもいます。しかしなぜ「B型っぽい」というのが失礼なのでしょうか?

なぜ失礼なのか

おそらく一番の原因は【自己中】というイメージにあります。私の小学生時代も血液型のイメージというものが流行りました。その内容は、

  • A型は几帳面
  • B型は自己中
  • 0型はおおざっぱ
  • AB型は変わっている。

このようなもの。小学生のころは「B型は自己中」とかよく言ったものです。おそらくあなたの地元でも言っていたと思います。なんかB型だけ批判的な表現と感じるのは私だけでしょうか?(笑

この自己中というイメージが失礼というイメージを植え付けるのでしょう。

たしかに自己中というのは決して良いイメージの言葉ではありませんね。むしろマイナスイメージです。

しかしこれについて反論させてもらいます。

B型はそこまで自己中じゃない!?

私は思います。

B型は自己中じゃない

考え直してみてください、あなたの周りのB型はみんな自己中ですか?

少なくとも私の周りでは自己中なB型はいません。みんな面白いやつで、人に流されない自分の軸をちゃんと持っています。逆に憧れます。

なぜそういうイメージがついたのか?

これに関して私は

B型のひとだけ「自己中といわれても反論しないから」だと思っています。

私のB型の友人たちは「自己中」といってもなんも反論しません。しかしその他の血液型の友人は絶対に反論していきます。反論しないB型はそのイメージがだんだん定着していきます。

人間はみんな自己中

このさい私の考えをいいます。私は人間はみんな自己中だと思ってます。「あの人は自己中」ではなくみんな自己中なんです。もう開き直ってます。

実は私は20歳まで自分のことをB型と思っていました。友人からも普通に「B型っぽい」とよく言われたものです。しかし海外に旅行する際に作ったパスポートを見るとA型としっかり書かれていました(笑。

このように血液型では性格を判断できないのです。

まとめ

血液型と性格って結びついているんでしょうかね?

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad