ネット回線を1Gbpsにしても速度が出ないのなら一度通り道を確かめてみよう

最近は家のネットも光があたりまえになって来てますね。特にCMなんかを見ていると携帯料金とまとめてお得になるとかのセールをよく見かけます。

最近僕のところも1Gbpsに変えて気づいたのですが、回線が1Gbpsに対応していてもルーターが1Gbpsに対応してないと速度が出ないんですね。

なので回線を変えるだけだと損になるわけです。

ってことで今日はちゃんとしたルーターを選びをしましょう!

スポンサーリンク
ad

回線の通り道をしっかり確認しよう

ネットの速度を1Gbpsで使うには元からパソコンまでの通り道(機器)を全部1Gbpsにする必要があります。簡単に言うと”プロバイダ→ルーター→LANケーブル→パソコン”てな感じです。

「うちは光だから速いだろう」と思ってはいけません。僕の家も光でしたが契約のコースで速度が100Mに抑えられているパターンもあります。え?僕は別に間違ってませんよ!(←光は全部1Gbpsと思ってた笑)。

ってことでまずはパソコンまでの通り道がすべて1Gbpsに対応しているか確認しましょう。

に確認するのは「契約コース」「ルーター」「LANケーブル」「パソコン」です。

まずはインターネットプロバイダの契約コースを確認しましょう。ちなみにライトコース的な感じで書いているのは大抵100Mプランです。

wp-1456314583377.jpg

次にルーター。根元を1Gにしても途中で速度が出ないとパソコンまで1Gで届きません。なのでルーターもしっかり確認します。ちなみに僕が購入したルーターはNECから出ているこれです。

ルーターを買うときに注意してほしいのが有線の転送速度が1Gbpsに対応しているか?です。最近はルーターと言ってもたくさんの種類があり、中には無線では大容量飛ばせれるけど有線は速度が出せないルーターも売っています。パソコンに有線での使用を考えている人は要注意。新しい機種でも対応してないのはあります。僕は最初それを買いかけましたからね笑。

僕がさっきおすすめしたのは有線がしっかり1Gbpsでるルーターですよ。念のためにもう一度

最後はLANケーブル。これ結構見落としている人が多いです。実は僕も初めて家に光回線を通したとき見落としていましたからね。あの時はLANケーブルまで変えないといけないって知らなかったもので、、、笑

ここも結構盲点になりやすいので確認して、もし1Gに対応してないのなら買いましょう。

【天敵】1Gbpsはあくまで理論値

これを最初か最後に持ってくるかどうかは悩んだのですが、締めとして最後に持ってきます。

この手の速度の表示はたいがい理論値です。ユーザーの実測値ではありません。

よくネット回線の契約なんかで目にする1Gbpsというのは最大値を示しているのであって必ずその速度は出ないです。お昼とか夜のピーク時なんか特にそうです。ベストエフォート型サービスといえる通信のシステムなので普通は書いてある速度が出ないのですよね。とは言っても元が早いので気づきませんが。

ルーターにも同じことが言えて、僕の買ったのの箱にもちゃんと書いてあります。

wp-1456315494719.jpg

※1に書いてあるよ。ほらね。

もちろんプロバイダのサイトを見に行ってもちゃんと書いてあります。キャプチャ

そうなんです。だから根元からパソコンまたはスマホまでの回線速度をちゃんと1Gbpsにそろえても必ず1Gbps出るわけではないのです。(てかまず出ない笑)

だから最初から最後まで整えても回線速度が出ない場合はそう割り切るか、満足できないのならプロバイダに電話するなりなんなりするのが一番いいでしょう。

では今日はこの辺で

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad