おすすめのパスワード設定方法と保存方法

photo credit: pbkwee via photopin cc

photo credit: pbkwee via photopin cc

みなさんパスワードはどのようにして決めていますか?

「俺は複雑派なんだ」とか「簡単なのにしてる」みたいに人それぞれだと思います。

SNSなどのサービスに登録しようとしたときに、サイトから”簡単な”とか”推測されやすい”パスワードを設定しないでくださいとよく言われますよね。

誕生日とか、IDと同じだとか、そういうのですね。

それもそのはず、パスワード解析ソフトを使えば4桁程度のパスなら数分で解けるらしいです。
ここにも色々書いてありますの。
http://www.ipa.go.jp/security/txt/2008/10outline.html#5

私も簡単なパスワードがダメなことぐらいわかってます。そんなのわかってます。ですが難しいのに設定すると、、、

自分がわからなくなる

はい、自分がわからなくなります。もう一発KOです。

ならどうすればいいか?今日はそれをこれから紹介します。

スポンサーリンク
ad

上手な設定方法

簡単なパスワードはダメ。推測されやすいのもダメ。

ならどうすればいいか?

暗号化する

photo credit: Janicskovsky via photopin cc

photo credit: Janicskovsky via photopin cc

かなり有効なのがパスワードを暗号化する方法です。

これは自分でパスワードの仕組みを考えてパスワードを作る方法です。

例えば、

  1. 最初には登録したサイトのアドレスの頭4文字
  2. 次に自分の好きな数字4桁
  3. 最後にそれを交互に組混ぜる

こんな感じです。

例えばツイッターなら。
twit と 1234(自分の好きな数字)

t1w2i3t4

こんな感じです。もしくは

t12wi34t

これでもいいですね。

機会に頼らずに自分の頭で作ったものはオンリーワンです。

完全ランダム

もういっそのこと完全な適当ランダムにしちゃう方法です。

本当はこれが一番いいのですけどね。

でもこれにはデメリットもちゃんとあるわけで、、、

覚えられない

先に言った暗号化なら、暗号を覚えるだけで全部解けるのですが、、、

これは完全なランダムなので覚えることができません。

だからこそパスワード的にはいいのですがね(笑

保存方法

photo credit: SoulRider.222 via photopin cc

photo credit: SoulRider.222 via photopin cc

さて、設定方法がわかれば次は保存方法です。

せっかくのパスワードも作ったのに忘れてしまっては意味がありません。

私の場合、人には覚えられないような難しいパスワードを設定する傾向があるので、正直パスワードなんて覚えてません笑!(これで何回困ったことか、、)

なので保存方法もちゃんと考えてあります。

クラウドに保存はしない

便利に保存というとクラウドなどが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか?

しかしクラウドにパスワードを保存することは絶対安全とは言い切れません。

Evernoteやgoogleドライブ、DropBoxなどなど上げればきりがないくらいあります。

私もクラウドサービスを何個か使っていますが、私の場合、重要なデータは流出の危険があるからそれらには保存しません。

ベネッセにありましたよね。顧客の情報流出のあれです。ネットでは突然何が起こっても不思議じゃないのです。クラウドに保存するということはネットに保存するということなので、常にそのような危機にさらされていること忘れてはいけません。

PCにテキストとして保存することもウイルスという危険がありますので一概に安全とは言い切れません。

紙に書くのがおすすめ

photo credit: Jodimichelle via photopin cc

photo credit: Jodimichelle via photopin cc

アナログな考えですが、正直紙に書くのが安全です。

暗号なら暗号を、ランダムならそれを紙に書きます。

アナログな考えですが、ネットに頼らずに保存しておくと、デジタルを通さないならネットへの流出へのリスクが大幅に下がります。

僕の場合は、無印とか行けば小さいメモ帳とかありますね。それと100均に売ってるクリップで止めて引き出しに入れてます。

財布に入れておく

2枚の紙に書いて、1つは家に保管。

もう一つは財布の中にいれて持ち歩きます。

それなら外出先でパスワードが必要になったときでも確認することができます。

二つ折りのカード大の大きさのを作れば完璧ですね。

この時パスワードは書いても何のサイトは書かないほうがいいです。落としたとしてもすぐに何のサイトかわからないように、書いたとしても自分にしかわからないような文字にしてください。

これで保存はOKです。

まとめ

パスワードの設定&保存には気を付けてください。

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad