僕がAWAとLINE Musicを切ってGoogle Play Musicを選んだ理由

先日Google Play Musicというのがついに日本でもサービスを開始しました。僕はGoogleファンということもあり早速使ってみたのですが、

これが本当に使いやすい。

AWAとLINE MUSICを使っていて、どっちもいいサービスと思ってたけどその一歩上を行く使い勝手。ちょうどAWAとLINE MUSICの無料期間が終わるころに登場したこのサービスはまるで乗り換えを狙っていたみたい笑

僕は3っつのサービスを使ってみて結果的に僕はGoogle Play Musicを選んだわけですが、

今日は「なぜ僕がGoogle Play ミュージックを選んだのか?」、「AWAやLINE MUSICと比べて何がいいのか?」を書きます。

スポンサーリンク
ad

Google Play Musicを選んだ理由

別に僕はただのGoogleファンだからAWAとLINE MUSICをやめたわけではありません。ちゃんとそこには考えがあります。

音楽のクラウド化

まずは音楽のクラウド化。

僕のNexus6に入っている音楽の容量は日々増え続けています。いまこの記事を書いているときに調べたところ。

20150905143555_p

20150905143615_p

こんな感じです。画像にも書いてある通り54GBのうちの11GBなので1/5もの容量を使っていることになるわけ。Nexus6で音楽を聴くようにになってiPodを使わなくなったので、そっちにある音楽を入れたら11GBにも行くはめに。

さすがにまだ空き容量があるとはいえ音楽で11GBはちょっと多い。

そこでGoogle Play Musicのクラウドサービス。このサービスはクラウド上に自分の持っている音楽データをアップロードしておけるサービスで、一度上げておけば後はスマホからストリーミングできる。

これを使ってスマホのデータ量を節約しながら音楽はそのまま楽しめるというわけだ。

この機能はAWAにもLINE MUSICにもない機能で、実は一番使える機能だったりする。

いまゆっくりと音楽のクラウド化を進めています。。。

端末の音楽と一体している

僕がこのアプリに決めた理由は音楽の多さでも、クラウドが使えることでもないです(これも良い機能だけど)。

僕がこれに決めた一番の理由は音楽アプリと一体化しているから。AWAもLINE MUSICもそのアプリのプレーヤーでしか音楽が聴けないのです。聞きたい曲がなかったらあきらめるしかなかった。でもGoogle Play MusicはもともとのAndroid標準の音楽プレーヤーにサービスを追加する形で使えるので。端末内の音楽も一緒に聞けるというメリットがあります。

このメリットが僕には大きかった。

どのサービスも曲はたくさんラインナップされているけど、どうしても痒いところに手が届かないときがある。「あの曲がない!」ってなった時に対処できるのはサービスにない曲をスマホに入れて一緒に楽しむことができるGoogle Play ミュージックだけなわけ。

スマートウォッチに対応している

IMG_20150903_140645

僕は最近Moto360というスマートウォッチを買った。スマートウォッチはスマホを取り出す機会が少なくなってバッテリーを節約できたり地味に役に立つ。スマホでPlay Musicを使って音楽を聞いているときはスマートウォッチでスキップとボリュームを操作できるのだが、これをほかはできなかった。アプリがスマートウォッチに対応してない上にアプリ内でしか音楽を聴けないのが原因のよう。これはどうしようもない。

カフェや歩きながら音楽を聴いているときスマートウォッチでスキップやバックを使えるのはすごく役にたつ。歩きスマホにならなく済むし、ポケットからいちいちスマホを取り出すのはスマートウォッチユーザーになるとめんどくさいことになってしまうから対応しているとありがたい。

ブラウザに対応

GooglePlayMusic2

パソコンのブラウザでも音楽が聴けるのは大きい、パソコン主体の僕にとってはうれしい機能。でもLINE MUSICもブラウザで聞けてAWAは対応予定のところを見ると特別な機能ではないかな。

オフライン再生

Screenshot_2015-09-06-11-24-56-2

オフライン機能はほかも実施しているので変わった機能には見えないが、Google Play Musicのオフライン再生はちょっと一歩上を行った使い方ができる。

グッドを押した曲を自動的にオフライン再生をするためダウンロードしておくことができる。AWAで同じことを試したができなかった。これはGoogle Play ミュージックだけの機能かもしれない。

詳しくはまた記事にします。

10月18日までの利用で安くなる

各サービスも安いプランなど色々プランがありますが、どのサービスも普通のプランで約1000円ですね。Google Play Musicも月980円です。

ですが、Google Play Musicは10月18日までに登録すると「ずっと780円」でサービスを利用できます。差は200円ですが、毎月有料アプリが変える、1年で1か月以上得、と考えると結構大きいです。

まとめ

僕がGoogle Play Musicに決めたのは

  • 音楽アプリと一体化している
  • スマートウォッチで使える

が大きい理由です。この手のサービスは1つだけ使いたかったので当分はGoogle Play Musicになりそうです。

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad