僕がmoto360を買った理由

先日自分初のスマートウォッチとなるMotorola moto 360を購入しました。以前からほしかったのですが、なかなか一歩踏み出せず足踏みしていましたが今回思い切って買いました。

スマートウォッチといっても実はたくさんあります。中でもApple Watchが有名かもしれませんが実はAndroid Wearのほうが種類があるし先に発売された端末なのです。たくさんあると選ぶのに悩みます。MotorolaのほかにASUS、LG、SONYなどのスマートウォッチがありましたね。

今日はなぜ僕がたくさんあるスマートウォッチの中からmoto360を選んだのかを紹介します

[adsense]

スポンサーリンク
ad

moto360を買った理由

20150830125256_p

僕がこれを買うときに悩んだのがZen Watch、LG Watch Urbane、SmartWatch3、LG G Watch Rのほかのスマートウォッチです。どれも個性があって選ぶのに苦労しました。

僕のスマホはAndroid

まず時計型のウェアラブル端末といえばApple WatchかAndroid Wearのほぼ2択です。ですが両者ともApple WatchはiOSの対応のみ。Android Wearはアンドロイドの対応のみとなっていて僕は必然的にこっちを選ぶしかなかったわけです。

ですがAndroid WearのiOS対応のうわさが出ているのでもしかしたらiPhoneでAndroid Wearが使えるようになるかも。

Motorolaで揃えたかった

僕が使っている端末はNexus6でNexusの名前がついていますがMotorola製です。裏にもちゃんとMの文字が入っています。

ちょっと話はそれますが、家の家電を一つのメーカーで揃えようと思ったことはありませんか?ソニーならソニー、シャープならシャープ、東芝なら東芝ってなかんじに。

家の家電を一つのメーカーでそろえると統一感が出て気分がすっきりしますし使っててなんかいい感じになりますよね?

それと同じです。

スマートウォッチもNexus6もMotorola製で揃えたかったのです。

デザインがかっこいい

Apple Watchは確かにいいスマートウォッチですが一つ欠点があります。

それはディスプレイが四角ということ。一応名前は「スマートウォッチ」と腕時計の名前が入っているので四角より丸形のほうがかっこいいです。

僕が買うギリギリまで悩んでいたZenWatchも四角型のディスプレイです。

しかし丸形ディスプレイにもデメリットはあります。デザイン面では優れているのですが、画面が丸形のため画面の四隅の表示が切れることがあるみたいです。

ですが僕が買ってから使っている感覚では四隅が切れた表示はまだ見ていませんし、四隅を削ってちょっと表示が切れても、丸形のかっこよさをとったほうがいいと思います。

安かった

moto360は発売当初約249ドルで日本円にして約3万円でした。スマートウォッチは通知程度にしか使わないとネットのレビューでよく目にしていたので「通知のために3万円はちょっと大きい」と思っていました。

ですが最近は価格が安くなり、日本円で約20000円まで価格が落ちました。なので「2万円なら買う価値がある」と思い購入を決意。

のちに3万円以上の使い心地があったのに気付くのですがそれは次の記事で

次の記事:Moto360をレビュー!これは値段以上の価値がある端末!!

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad