ノートパソコンが大学生に必要と思う理由

eeebook.keybood

僕は今大学3回生です。そして頭が良い大学とはいえません笑。

先日Youtubeで堀江貴文さんが出ているSFCの講義の動画を見ててぼくは講義以上に目がいってしまったのがありました。それが、

ノートPC率たか!!

高いです。ビビリましたほんとに、

僕は講義もレポートもプレゼンも、学校に設置されているパソコンは使わず自分のノートPCでこなしています。僕にとってはそれが当たり前なのですが、僕の大学では講義中にノートパソコンを使っている人はまずいないですね。僕は「僕の大学」という目で見れば明らかな少数派、ていうかほかにノートPCを大学で使っている子はまずいないから絶滅危惧種です笑。そんな中あの動画を見たのですからそらびっくりしました。

僕はその動画を見て「これが今の大学なのか」というのを思ったと同時に「パソコン」というものへの重要さに気づいたので今日はそれを記事にします。

動画でのSFCの学生さんのようなパソコンが使える方は記事をスルーしてください笑。

でも

大学生でノートパソコンを「持っていない」、「使えない」と思っている人は、ぜひこの記事を読んでほしいです。

スポンサーリンク
ad

大学生活はノートパソコンでもっとはかどる

photo credit: The Good Life via photopin (license)

photo credit: The Good Life via photopin (license)

今やパソコンは大学でも図書館や講義の教室に備え付けのもまで、いろいろな場所で使われています。

おそらくこの記事を見ているあなたも何らかのパソコンをつかってみているはずです。「スマホで見ている?」実はそのスマホも立派なパソコンなのですよ?

講義ノートをパソコンで

大体パソコンにはワードが入っていますよね?なくてもネットにつなげは使えます(Googleのオフィスが結構使えてもはやMicrosoft Officeを使わなくなってきてる)。

僕は講義をパソコンのGoogleドキュメントを使って書いています。というのもノートする場合、紙(ルーズリーフ)とペンを使いますね。これ面倒ではないですか?書くスピードって限界がありますし、長く書いていると手が疲れてきます。ノートって意外と面倒なんですよね。

でもワードで書いてしまえば紙はかさばらないですし、書き間違えで消しかすが散らかることもないですし手も黒くなることはないです。もし紙としてほしくなったら、大学にはプリンターが備えられているはずですからそれを使って印刷すれば良い輪です。タイピングで書けない黒板に書いた図などはスマホの無音カメラなんかで撮影しておけば後で何とかなります。

講義のレポートがもっと楽になりますね。タイピングの技術がいりますが、がんばれば1ヶ月で実用レベルまで習得できますよ。

どこでもレポートができる

今の大学はレポートもワードを使って仕上げますよね。ワードもパソコンのソフトのひとつですね。今日の時代レポートに原稿用紙を使う講義なんてまあないです。あるとしても「紙でないといけない場合」とかでしょう。

ここからは大学にもよると思いますが、僕の大学ではレポートの期間になると、みんな「レポートを書き上げなくては」という状況になるので混み混みになりパソコン室がいっぱいになります。この時にパソコンを取ろうとしてもなかなか取れず順番待ちをしているひとをよく見かけます。

そしてこの期間になるとパソコン室は

人の声で、超うるさくなります

こうなると集中したくても集中できなくなります。ですがノートパソコンがあれば場所を気にせずにレポートができますので困りません。僕は基本的に図書館でレポートを仕上げていますね、というのも図書館は意外とすいているからです。おそらくどこの大学にも空いている場所があるはずです。そこさえ見つければどこでもレポートを仕上げることができます。

持っているだけじゃいけない

大学に入学するときにパソコンを買わされませんでしたか?

「おすすめ!!」とか言うあれです。意外と皆あれを買っているみたいで、ぼくの友人も持っている子が何人かいます(下宿生に多い印象)。意外と持っている子が多くて驚きです。

でもひとつ言わしてもらうと

持ってるだけでは意味なし

ということ。何でもそうですが。道具は使ってこそ道具なのです。使わない道具はただの物です。ここを理解してほしい。

おそらくあなたが持っているスマホ、それも小さなパソコンと考えると、SNSや電話のためだけに使っていると本当にもったいないです。それも使わないとただのスマホになってしまいます。道具として使うためにはもっと理解してあげる必要があります。

共有機能が便利

最近はネットでファイルを他人と共有しながら編集できるサービスもあります。

これはグループのプレゼンにとても役に立ちます。今はスマホでテザリングを使えますので、どこでもノートパソコンをネットにつないだ状態にできます。

これで時間が合うときにどこでもプレゼンの作成ができます。学校のパソコンはレポート期間と被ると空いてないという悲惨なことになりますし、SNSで連絡を取りながらではなかなか進まない。そんなときに共有をすれば簡単に複数でひとつのファイルを共有できるので作業もはかどりますよ。

ノートパソコンって高い?

「ノートパソコンって高いんでしょ家電とか見に行っても10万とかするし」、と思っているならそれは間違いです。家電量販店とかでは安いノートパソコンはあまり売っていません。

今日紹介した方法はすべて僕が使っているノートパソコンで実際に実用している方法で、

そのぼくのノートパソコンは3万円台です。iPhoneの半分以下の値段です笑

はっきり行って安いですが。性能がほんとに抑えられていて高画質動画を鑑賞するとか、動画編集するとかのスペックの要ることはできないのがたまに傷です。

でも大学でレポートや講義にワードを使ったりする分には十分な性能ですし、ちょうどいい大きさかつ軽いです。

もし大学生でノートパソコンを使ってないならこれじゃなくてもノートパソコンを使うことをおすすめしますよ

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad