40%には注意!意外と知らない「降水確率」の意味

こんにちは。ところでみなさんは「降水確率」。この言葉の意味知っていますか?

先日ドライブに出かけました。
天気予報によると「曇り、降水確率40%」だったのでまあ雨は降ってもにわか雨程度だろうと思ってたんです。しかし、そんなこと知るか!と言わんばかりの大雨がふり、曇り程度と思ってたドライブは雨のドライブになりました。

「これが降水確率40%の雨かよ~、しかも曇りっていったやんー」と思いながらもその時は普通にドライブを楽しみましたが、どこか悔しい思いがありましたね。

スポンサーリンク
ad

そもそも降水確率とは?

みなさんも降水確率って結局はなに?とおもったことはありませんか?
そこで今日は「降水確率ってつまりどういうこと?!」っというのをお伝えします。

降水確率について

降水確率とは、100回同じ予報が出されたとして、一定時間内に1mm以上の雨が降る確率の平均値を表した表現です。

つまり、「降水確率40%とは、100回予報が出されたとして、1mm以上の雨が40回降る」という感じですね。なので、私がドライブの時に遭遇した雨は、100予報が出された時の40回の雨の中に遭遇していたわけです。もし世界が100個あったら、そのうち40%は雨が降っていて、残りの60個は雨が降っていなかった。そして私はその40個の雨が降っていた世界にいただけなのです。

実際は36%や39%みたいな細かい数字まで出されていますが、四捨五入したうえでパーセントを発表しています。

そしてこの降水確率には雨の量は関係ありません。

私のように40%だから降っても小雨程度だろうと考えるのは間違いです。40%でも大雨が降る確率はありますし、20%でも大雨がふる可能性はあるということです。

逆にいうと80%という傘必須のような%でも折り畳み傘でも大丈夫なような小雨になることだってあるのです。これはこれから気を付けたいことの一つですね。

ちなみに0%でも、さっき書いたように0~4%までが四捨五入されていますから、「雨が絶対降らない」とは言い切れません

POINT

  • 100回の予報で何回降るか
  • 雨の強さや量は関係ない

降水確率40%には要注意

photo credit: Adam Tinworth via photopin cc

photo credit: Adam Tinworth via photopin cc

次は40%という微妙な数字について。

私が体験した40%は当日の40%でしたが、長い目で40%を見てみましょう。

たとえば「明日の天気予報が曇りで降水確率が40%だった」

この時に覚えておきたいのは明日の40%なんてあまりあてにならないということ
なぜかというと晴れや雨なら、ほぼそのとうりになる確率が高いですが、40%は天気予報が変わりやすいのです。なのでまだ先の40%というのは実際あてにならないのですね。

当日の天気でも私のような事態が起こるのに、先の40%なんて信じられません(笑
ということです

なので降水確率が40%というのはしっかりとアンテナを張り巡らしておきたいところです。

基本的にかさは持ち歩いたほうがいい

40%なら傘を持ち歩きましょう。

正直40%だったらあんまり雨は降りそうではありませんがもし降ったらめんどくさいです。さっきにも行ったように40%だからって小雨とは限らないのです。

僕が体験したのはドライブ中で車の中でしたが、もし車じゃなかったら大惨事になったのは目に見えています。

もし傘が荷物になるなら折り畳み傘を買って忍ばせておきましょう。折り畳み傘は荷物としてもかさばりませんし、いざというときには本当に役にたちます

折り畳み傘を持っていないなら、一つぐらい持っておいたほうがいいですよ。

僕はそんなに荷物になりませんので、晴れでも毎日持ち歩いています。こうすると忘れないのですよね笑

買うならこれみたいにいざというときに活躍できるレビューの高い安心ができるものを選びましょう。

【豆知識】50%という数字も「くせもの」

photo credit: jp_yen via photopin cc

photo credit: jp_yen via photopin cc

みなさんは50%という数字をみてどう感じますか?

実はこの数字、、、

意外な落とし穴が潜んでいます。

例えば朝から少し出かけようと思ったとき、天気予報で午前(6~12時)と午後(12~18時)の確率が50%だとします。そこであなたが「あ~50%か~、傘持っていこうかな~」っと迷ったなら。なるべく傘は持っていく方向で考えてください。

なぜかというと

あなたの行動は午前と午後をまたぐから

わかりやすいように説明しますと、午前から午後にかけて行動するということは、50%のを2回行動するということ。

コインに例えてみましょう

表が出たら晴れ、裏が出たら雨とします。これならちょうど50%です。これなら雨が降る確率は50%です。しかしここで考えないといけないのは、「あなたは午前と午後で2回50%を体験するということ」。なのでコインは2回投げないといけないんです。

つまり、、、

  1. 表→表
  2. 表→裏
  3. 裏→表
  4. 裏→裏

の4通りの組み合わせがあります。そして裏が雨ということを考えると、、、

なんと1日晴れるのは4分の1、つまり25%になってしまうということなのです。

ほとんどの人の行動は朝から昼をまたぐと思うので、これだけはしっかり頭に入れておきましょう。

まとめ

天気予報はすごく便利ですよね~、ですが、使う側としてもしっかり知識を頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad