【比較】AndroidとiPhoneの違いは何か

IMG_6602

今のスマホのシェアはiPhoneとアンドロイドがほとんどを占めています。

僕の周りでもアンドロイドとiPhoneがを使っている友人ばっかりで、iPhoneを使っている子の方が多いですね。

そんな中で僕はNexus6というアンドロイドを使ってるのですが、これを使っているとよく聞かれます。

アンドロイドっていいの?

本当によく聞かれます。でも僕は「いい」としか答えられません。だって人によって感じ方は違いますからね。

iPhoneとアンドロイドは形は似ていても中身は全く違うのです。今日はその違いについてお話します。

[adsense]

スポンサーリンク
ad

iPhoneとアンドロイドの違い

見た目

早速余談ですが僕はiPhoneのデザインがめっちゃ好きです。

角に程よい丸みがあってボタンもシンプルになっていて端末がとにかく薄い。本当に完璧のデザインだと思います。iPhoneは一種類でのシェアが多いです。なのでいろんな会社がケースを作りやすくケースの種類が充実しています。JKのiPhoneを使う理由に「ケースがかわいいから」というのが入っているくらい多いです。

これに対してAndroidは種類が多いです。そのぶん形も違います。ぱっと思いつくのでも、Nexus、Xperia、AQUOS、Htc J、Galaxyと出てきます。メーカーや端末が違えば形も大きさも重さもデザインも変わりますのでたくさん種類があります。ですが種類が多いせいでiPhoneと違いケースの種類が少ないですね。

もし「究極にシンプル」を求めるならデザインが優れているiPhoneをおすすめします。

操作面

IMG_6603

僕もアンドロイドを使ってて思うのですが少し操作がややこしいですね。慣れれば簡単なのですが最初に仕組みを理解したりするのが難しいので器械に詳しくない方は最初に戸惑う方が多いです。なので操作面ではAndroidよりiPhoneのほうが少しシンプルなのでこれからスマホをはじめて買う方や器械が苦手な方にはiPhoneをおすすめします。

操作がちょっとややこしいと言ったアンドロイドですが、ホーム画面ではiPhoneにはないものを持っています。それが「ウィジェット」という機能。

Skitch

これはホーム画面に小さなアプリをおいって置くような機能で、例えば時計を置いたり、ツイッターを表示させたり、カレンダーの予定を表示させることができます。これが結構使える機能で、僕はアンドロイドデビューしたときから「時計のウィジェット」は必ずホームにおいています。

なのでシンプルに使いたい方はiPhone、操作をは少し慣れがいるけどカスタマイズをしたい方はAndroidがおすすめです

アプリ

IMG_6604

次に気になるのがアプリ

面白いアプリや有名なアプリは基本両方にあります。前までは、アプリはiPhoneが潤っていてアンドロイドはアプリの数が非常に少なかったです。面白いアプリがアンドロイドにないなんてザラでしたが今はアンドロイドでもiPhoneでも同じアプリが普通にありますので面白いアプリや有名なアプリに関しては両者ちゃんと揃えています。

ですがマイナーなアプリに関してはそうは言えません。

例えばアプリを作っているのが個人や小さな団体ならアプリの移行(Android←→iPhone)はあまりしてくれません。基本iPhoneにそのようなアプリが多いですが、たまーーにAndroidにもそういうのがあります。その点だけは気を付けたいところです。

アプリの並び方は、iPhoneの場合ダウンロードしていくとホーム画面にたまっていきます。ですがアンドロイドは「アプリ格納庫」のような場所にたまっていき、そこからホームに置くというイメージです。設定で格納庫と一緒にホームにも置いていくという設定もできます。

そしてアプリの配置の仕方も違います。

iPhoneは常に左寄せに並んでいきますがアンドロイドは自由におけます。

カメラ

IMG_6605

これはちょっと説明が難しいです。というのもアンドロイドは端末端末によってカメラの性能が全然違います。例えば同じアンドロイドのNexus6、Galaxy、Xperia、これらは同じアンドロイドでもカメラの性能は全然違います。

なのでカメラは一概に「こっちがイイ」とは言えないのです。

ですが僕はiPhoneのカメラ押しです。最近「iPhoneで撮った動画をただただ流すだけ」のCMが放送されていました。あれはAppleがカメラに自信があるということです。

詳しくはこちらをどうぞ
【機能】iPhoneのカメラのいいところ

性能

性能は最近に関していえばほとんど同じです。

ちょっと前まではアンドロイドはもたつきがあって、iPhone独特のヌルヌルした動きにはかないませんでした。

が、最近は違います

もうアンドロイドもiPhoneと同じ性能といえるくらいまで来ています。フラッグシップというその会社の一番力を入れている主力スマホ的なのがあります。僕の持っているNexus6もそこに入ります。

この最近のフラッグシップモデルといわれるアンドロイドはiPhoneとほとんど変わらない性能を持っています。

自由度

photo credit: System Lock via photopin (license)

photo credit: System Lock via photopin (license)

アンドロイドのならではの特徴に自由度が上がります。

何が自由なの?ということですが、カスタマイズ性です。

iPhoneのホーム画面やロック画面はアップルが変えない限り基本的には変わることはありません。ですがアンドロイドの場合「今のホーム画面に飽きてきたなー」と思ったらホーム画面やロック画面をアプリで自由に変更することができます。ホーム画面をスワイプするときの動作も変更できます。

次にネットなどに転がっているデータを自由にダウンロードできますね。音楽データや動画データもダウンロードして使うことができます。この辺はiPhoneでもアプリを通すことによって実現できますが、アプリを通すので音楽データは本体に入っている「ミュージック」から再生することができません。

自由なのはAndroidです

でも!

自由なのはいいのですがウイルスには注意しなくてはなりません。iPhoneはウイルスにまず感染しません。これはOSとアップルのアプリ審査がそうさせないためです。

ですがアンドロイドなんでも自由にDLできますからウイルスに感染するかもしれませんし、アプリからも個人情報が漏えいする確率もあります。

アプリの個人情報に関してはこちらをどうぞ。

アンドロイドでアプリを利用する前に「絶対」注意してほしいこと

価格

価格は相変わらずiPhoneが高いですね。といっても最近はアンドロイドも高くなってきたのですが、最新の機種を比べてみると、、、

(15/06/30現在)

iPhone6(64GB)
119664円(税込)

Nexus6(64GB)
85540円(税込)

それでも同じ6インチのモデルなのに2万5千以上も高いです。僕には手が届きません(笑)

まとめ

超大雑把にいうと

iPhoneはシンプル最強

Androidは自由最強

です!(大雑把すぎる笑)

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad