電車の暇つぶしに僕がおすすめすること

電車に乗っていると「時間の無駄だなあ」とか「何かできることないかな~」とか思うことありませんか??

あの空間は意外と何もすることがなく正直「暇」なんですよね

私も電車に乗ると、

寝るか音楽

というのが毎日のように続いています。そこで、なにかいい時間の使い方はないかな~。と考えてたどり着いた電車の中での時間の使い方を紹介します。

ですがよく考えてみると意外と電車の中でできることがあるのです。

スポンサーリンク
ad

読書

photo credit: Magdalena Roeseler via photopin cc

photo credit: Magdalena Roeseler via photopin cc

読書はおすすめですね

電車の中は読書するのに持ってこいの空間です。読書なら暇な時間を忘れられるし、一度自分の世界に入ってしまえば、その効果は絶大です。

本よりも電子書籍

最近はいちいち「本」を持ち歩かなくても、もっといい手段もありますよね、それは

「電子書籍」

私はタブレットでKindleを使い読んでいますが、スマホでもKindleはつかえます。文字の大きさを変えることもできますし、何より最近のスマホは画面が大きいので読みやすいですよね!

この電子書籍、私がおすすめする本と違う決定的な点があります。それは、

片手でもページがめくれること

そうなんです、電子書籍は片手でもページがめくれるのです!

普通の本なら片手では読めませんよね

しかし、電子書籍なら吊革につかまったままでも読めちゃいます!

「いきなり本がおすすめ!」ていわれても、何を読んだらいいかわからないと思います。なので僕が最近読んだ読んだ本を紹介します。

この本は学生から社会人まで幅広い世代に役に立つ本です。「自分の人生をよりよくするためにできる一つのことはなにか?」というのを教えてくれるので是非読んでみてください!

筋トレ

photo credit: Edson Hong via photopin cc

photo credit: Edson Hong via photopin cc

これをみて「どうやってするの?」と思ったあなた!

そんなあなたにこの筋トレをつかえたいです。

電車の中は腹筋を鍛えたい放題な、お得な空間なのですよっ

立っているときにする筋トレ

まず、肩幅に足を開きます。そして姿勢を整えましょう。

整えたら、

  1. 腹式呼吸を使いゆっくりおなかをへこまし、
  2. そしてふくらます。

目安は片道10秒、帰り10秒です。

この時「腹筋」を意識してくださいね。

これをたった毎日3回3セットをするだけで変わります。ほんとに変わります。

座りながらする方法も

座りながらも基本的に変わりませんが座っていると立っているときに比べて楽なので、おなかをふくらます時に腹筋に力を入れてふくらまして下さい。座っているので、負荷をかけてもあまり疲れません。

ですが、あまりやりすぎると結構な筋肉痛になりますよ(笑

学生なら勉強が一番かも

学生ならこれが一番ですね。

これから日本はグローバル化していくと思うので英単語の勉強がいいんじゃないでしょうか?短い時間でできますし。テスト前ならテスト勉強とかもいいですね。

ちなみに英単語は私もしていました。そんなに多くの単語はしなくていいと思います。せいぜい3-5くらいでいいですね。これが1週間平日だけの5日間でも15-25個覚えれます。

周りと違うことをしないと、周りと差はつけられません。

目を閉じる

photo credit: Clapagaré via photopin cc

photo credit: Clapagaré via photopin cc

そして、読書や筋トレや勉強をしたら、しっかりと目を休めましょう。

朝の目が覚めた時から夜寝るまであなたの目は頑張り続けています。スマホ、タブレット、PCなど、色々な目によくない光が一日中あなたの目を襲い続けています。 これらの光から目を守るには目を閉じることが一番です。

あなたの目は、これから一生あ、なたと共に頑張り続けます。

その目を休めてあげることはこれから先、必ずプラスになって帰ってきます。

目を閉じると得られる効果

目を閉じることは一番簡単にできる最高の目の休憩方法です。

  • ドライアイ防止
  • 網膜を休めれる
  • ピント調節も休まる
  • 視野がシャットアウトされるから脳も休めれる

というような効果があります。

目を閉じるという誰でも簡単にできることをするだけで、こんなにも効果があるのです。

目を閉じるだけなら今日からでもできるのでおすすめです。

まとめ

平凡になりがちな電車の中こそ時間を有意義に使いましょう。

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad