なんでもすぐ怒る人って損しているな。というお話

どうもこんにちは。

皆さんの周りにもいませんか?ちょっとしたことでも怒る人。

僕の周りの友人にも心当たりはありますね。なんにでもとにかく短気で扱い辛いひとが。

普段は自分にも感染してしまうので怒っている人にはかかわらないようにしているのですが、昨日久々にすぐ怒る人と間接的に接する機会があったので今回これを書こうと思いました。

僕も昔は荒れててすぐ怒りっぽい性格だったのですが、今では心が入れ替わり怒らない性格になりましたね。

さて今日は、怒る人の特徴や、荒れてた僕がなぜ怒らない性格になったのか。を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
ad

すぐ怒る人の特徴

まず、すぐ怒る人は皆に共通していることがあります。それは

自分の思い通りにならないことへの怒り

これにつきます。

すぐ怒る人の特徴として、自分が思っていることと違うことが起こると怒るのですね。

例えば先にあげた僕の友人の場合、電車が遅れてイライラしたり、彼女が言うことを聞いてくれなくて怒ったり、挙句の果てには頼みごとを断っただけでキレられました。

彼らって自分の思い通りにならないことがあるとすぐに怒る傾向があります。

僕はYoutubeでゲーム実況をしている柄もあって、たくさんの人と一緒にゲームをしました。

つい先日もフレンドとイベントを立ち上げ参加し、一般の方を含めて5 VS 5で戦っていたのですが。相手側のチームの友人が、「こっちの人めっちゃキレてる」ってメッセージをおくってきてくれたのですね。

あとで何故か聞くと「相手が倒せない」「獲物を横取りされた」というのがほとんどの理由でした。ゲームは社会と違って趣味の世界ですから性格は礼儀で隠さずにさらけ出している人が多いです。なのでこのようなこともよく聞きます。

いや~みんな損してますよね。

なぜ僕は怒らなくなったのか

僕が怒らなくなったのは地元の友人の考えを聞いたのがきっかけです。

その友人は小学校からの付き合いでとにかく温厚な性格です。僕が昔の荒れてた時期でも一切怒ることなく接してくれていました。

20歳くらいの頃でしょうか、ふと友人に「なぜ怒らないのか」って聞いたのですね。今考えれば友人にとっては意味不明な質問だったかもしれませんが、答えてくれました。

「ん~、怒っても何も変わらへんからな~」(大阪弁)

怒ってばかりでは何も変わらない

友人が言ってくれたのはそれだけでしたが、それから月日が流れるごとにその理由がわかってきました。

怒って何が変わるかって、実際何も変わらないのですよね。ただ自分が感じた怒りを周りに振りまいても何も変わりません。

変わるとすれば「自分の心のうっぷんがななくなる」のと「周りの人物の感情が不快になる」ということです。

これってすごく効率悪いですよね。

うっぷんがなくなるのは自分一人だけなのに、不快になる人は X人ですもんね。Xが0になればいいんですが、基本的に怒ってる人は他人に語り掛けてきます。これが一番厄介です。だからXは1以上の数字が入ることが大半でしょう。

あなたは怒っている人のそばに行きたいですか?その人の話を聞いて楽しいですか?

おそらくほとんどの方は NO と答えますよね。

だから怒るのは効率が悪く意味のないことなのです。

大事なのは次につなげる能力

だから怒るのではなく次につなげることが大切です。

自分がイラッとすることがあったら次にならないように対策を練ってしまうんです。

そこでどう対策を練るかが重要なんです。僕を例に挙げると

今日不快なことがあった

なぜ不快になったか考える

原因を追究する

次どうすれば同じことにならないかを考える。

実施する

くり返す

僕はこのようなサイクルで頑張ってます。

これを実施していると自分の生活がどんどん良くなっていき楽しくなってきます。

そして生活にノイズが入らなくなるからポジティブになっていきますね。よく言われます「Tsubasaってポジティブやでな」

しかしストレスは溜まる

でもストレスはどうしても溜まってきてしまいます。

なので何かはけ口を持っておくことをお勧めします。

部屋では簡単にできる腹筋や腕立て伏せなどの筋トレがいいですね。あとは休日に運動できるところに遊びに行くとか。

でも一番いいのは「大声を叫ぶこと」です。

僕の場合だと車がそうですね。ドライブ中に不意に叫びます。「わああああああ」とかですね。あとは大声で大好きな歌を歌うとか。もちろん一人の時ですよ笑。

一回大声で叫んでみるとわかるんですが、めっちゃくちゃすっきりしますよ笑

まだ叫んだことがないなら一回叫んでみてください。スッキリしますよ!

【僕流】怒りやすい人ととの付き合い方

初めに言っておきますが、これから説明するのは「僕流」です。これを実施して人間関係にトラブルが起きても僕は責任を負いません!

男の友人の場合、僕の場合は論破攻めで相手に分からせる方法を取ります。

しかし絶対に感情論になってはいけません。もし自分まで感情論になってしまうと相手にまで飛び火してしまいますので。

あくまで冷静かつ論理的に話しましょう。相手が怒っている時というのは基本的に感情論が大半を占めますので、しっかりとロジカルに話すと相手もわかってくれることが多いです。そこで相手が落ち着き、怒っている自分が見えてくると冷静になってくれます。

もしこれで嫌われるようならそれまでの友達です。って感じのスタンス。

あとがき

あの元AppleCEOのスティーブジョブズも怒りを爆発させることで有名ですよね笑。映画を見ていても彼の性格が再現されていて面白かったです。

しかし彼は、怒りを成功に変えていますよね。やっぱそこが僕のような一般人との違いですかね。

では!

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad