え?そのまま充電されない?意外と知らないモバイルバッテリーの充電量

By: yoppy

みなさんモバイルバッテリーは使っていますか?

僕はスマホでメッセージは当たり前で、ノートPCのためにテザリングするし、さらにははPlay ミュージックで音楽も聞くとかなりのヘビーユーザーです。

そんな感じでスマホを使っているとバッテリーがすぐ切れるんですよね。僕のような使い方だと昼頃には危うくなってることなんか当たり前です。

だからモバイルバッテリーを持ち歩いているのですが、このモバイルバッテリーって実は意外と知られていないことがあるのです。

それが充電量

モバイルバッテリーて、例えば10000mAhの製品があったとすると10000mAhのすべてが充電できるわけではないのです。実際は必ずそれよりも低い量しか充電できないのですね。

じゃあ実際モバイルバッテリーどれくらいの量が充電できるのか?今日はそれを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
ad

モバイルバッテリーの充電充電量は約60%

60%

まず結論から言うとモバイルバッテリーが充電できる量は約60%ほどです。

つまり10000mAhのものでいうと6000mAh分がスマホに充電できるというわけです。

というのも、モバイルバッテリーはスマートフォンに電気を送るときに必ず熱など電圧交換時にロスが発生します。そのロスで電気を消費するんですね。

「何を根拠に60%って言ってんだ」という疑問が生まれますよね。

実は書いているんですよ。

説明書書いているんですよね。

キャプチャ

この通り笑。ここでは実行容量と書かれています。

しかも商品の説明に書いてある「iPhone O回分充電!」みたいなのからも計算できるんですね。

実際に僕のお気に入りの大容量モバイルバッテリーであるcheero Power Plus2の後継機の3で例えましょう。

容量で充電できる回数から充電量がわかる?

ちなみにこれです↑

まず商品名にあるようにこのモバイルバッテリーの容量は13400mAhです。

まずこの13400の60%は8040です。

ここでこのモバイルバッテリーができる充電回数の目安から充電量を測ってみます。

iPhone 5s は 約5回なので、ネットで調べたバッテリー容量をもとに考えると

1560mAh x 5 = 7800

【iPhone 6 → 約4回】

1810mAh x 4 = 7240

【iPhone 6 Plus → 約2.7回】

2915mAh x 2.7 = 約7870

【iPad mini 3 → 約1.2回】

6471mAh x 1.2 = 約7765

【iPad Air 2 → 約1.0回】

約7365mAh x 1 = 約7365

【GALAXY S5 → 約2.8回】

2800mAh x 2.8 = 7840

【Xperia Z3 → 約2.5回】

3100mAh x 2.5 = 7750

さ、書き出すと分かりやすいですよね?

見てわかる通り、どれも約60%なんですよね。これはほとんどのモバイルバッテリーにいえることなので、これからモバイルバッテリーを選ぶときは書いている容量の約60%までしか充電できないということを考えて選びましょう^^

最後に余談ですがこの新しいcheero PP3、僕の2より大きさが小さくなっているのにもかかわらず容量が約3000mAhも上がっているんですよね。

すごすぎでしょ笑

では!

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad