初めてのゲーミングキーボードはG213がおすすめ!!

僕は最近までゲームはPS4などの家庭用のハードばかりで、PCのゲームは少ししかプレイしていませんでした。ですが最近になってPCゲームの面白さを改めて再認識し、PCゲーの割合が多くなってきたわけです。

そこで色々問題が出てきまして、マウスは動画編集も便利にするためにG300sというゲーミングマウスを使ってたのでマウスはなんとかなったのですが、問題はキーボードでした。

僕が使っているキーボードはエルゴノミックキーボードかDellのXPS8900を購入したときについてきたキーボードです。

これらのキーボードたちは普段作業をするのには不便ないのですが、ゲームをプレイするとなるとまた別で、ちこょっと”ゲーム向きではない部分”が見えてきます。

まずパソコンを買った時についてきたキーボードは、キーの同時押しができないキーボードでした。普通のキーボードには同時押しができる限界があって、大体3くらいが限界のキーボードが多いです。

僕の場合 Shift+W+スペース と押した時、最後のスペースが効かず ゲームで言う「前に走りながらジャンプ」ができませんでした笑

エルゴノミックキーボードならそれはできるのですが、パームレストがかなり出っ張っているせいでCtrlが小指の付け根で押せないのがちょこちょこ傷でした。

僕の持っているキーボードが両方ゲームに向いていないので「ならゲーミングキーボードを買ってみようか!」ということで、今回Logicoolさんからでているキーボード、G213を購入したのでそれを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
ad

初めてゲーミングキーボードを買うならG213がおすすめ!

Amazonの紹介文に書いているんですが

■こんな方にお薦め:今まで本格的なゲーミンググレードのキーボードを使った事が無い方。

Amazon – G213

と紹介文にも書かれていますね。僕も初めてのゲーミングキーボードにこのG213を選んだのですが、安くて初めてのゲーミングキーボードにしてよかったなと思っています。

ですがどのようなところが初めてにおすすめなのか?そこを見ていきましょう。

シンプルなデザイン!

まずみなさんゲーミングキーボードときたらどのようなのを思い浮かべますか?

僕としてのイメージはゲーミングキーボードといえば「メカメカ」しているイメージで言葉で表すなら「The 機械」のようなキーボードをイメージします。

しかしこのG213はゲーミングキーボードなのにすごくシンプルなデザインです。僕は「物のデザインはなるべくシンプルなもの」がいいのでこのデザインは非常に助かりました。

今写真を撮ってみました。ほんとにゲーミングキーボードに見えないシンプルさ!アマゾンのレビューの中にはオフィス用途を考えて購入ている方もいるくらい。

マウスも同じLogicoolさんのゲーミングシリーズのマウス(G300s)なのですがそれと並べてもこのキーボードのシンプルさがわかると思います。

パームレストが役に立つ

画像を見てお気づきの方もいるかもしれませんが、このキーボードは下部にパームレストがついています。

横から見るとこんな感じ。

一体型のため取り外すことは出来ませんが、その分「パームレスト合わせて1つのキーボード」なっているのでシンプルなかっこよさをしっかり保ってくれています。

素材はしっかりとしたプラスチック製のため、長時間使っていても疲れなく、汚れてもちょっと湿らしたティッシュとかでサッと吹くだけで汚れが落ちてくれます。

僕はゲーム実況をしていることもあってキーボードに唾がよく飛ぶので(汚くてごめんなさい笑)助かりますね笑

ゲーミングらしいライトも

もちろんシンプルなデザインながらゲーミングらしいライトも兼ね備えています。

こんな感じに光ります。色設定はRGB 0~255で設定でき自分の好みの色に設定できますよ。

ここで僕が好きなのがキーの文字だけ光っているという所、あくまで光っているのは文字だけでキーの奥は光ってないんですね。電気を消すとこんな感じ。

文字だけで奥の方は光っていませんね。コレがなぜいいかというと、このライトの色を白にした時で

写真では青っぽく写っていますが、設定でRGB ,255,255,255 で目では白に見えています。

白にするとこんな感じで「ぱっと見シンプルな普通のキーボード」なんですね

このデザインがホントに好きで「見た目は普通のキーボード、中身はゲーミング」って感じが超グッド!

個人的にキーの文字が好き

あと個人的に気に入っているのが「キーに書いてる文字」。このG213のキー配列は日本語配列なのですが、キーに書かれている文字を見ると

この写真のように文字キーに表示されている文字は英語だけでかなり整って見えます。日本のキーボードには「かな入力」用のひらがなが書いていることが多いのですが、これには書いていません。上段の数字キーも2つのみです。

かっこいい、、、

正直ひらがなを書かれても、ローマ字入力する人にとっては意味ないんですよね笑、ないだけでこんなにもデザインがよく見えるなら僕はこっちのほうが好きですね。

さっきのライトもコレがシンプルだからかっこよさがより引き立ちます。

とにかくボタンが押しやすい!!

僕は今までパソコンを買ったときについてくるような、いわゆる普通のキーボードはたくさん使ったことがありましたが、ゲーミングキーボードはこれが初めてでした。

エルゴノミックキーボードは使ったことがあったのですが、こんな感じの

それとはまた違う押しやすさがありましたね。

僕はキーボードのタイピングのしやすさに「ボタンの押しやすさ」と「タイプのしやすさ」の2つの要素があると考えています。

ボタンの押しやすさは、ボタンを「カチッ」て押した時の押しやすさ、タイプのしやすさは連続してボタンを押した時の押しやすさです。

エルゴノミックキーボードなんかは手の自然な形に合わせたキー配列なのでタイプしやすいんですね。

これね、エルゴノミックキーボードを使っていたから気づいたことなんですが、ボタン自体が押しやすいだけでも想像以上にタイピングのしやすさが上がるんですね。

ゲーミングキーボードを買う前は僕のイメージは少し上がるだろう程度だったのですが、これが予想を上回る使いやすさでした。

メンブレンキーボードでメカニカルではないのは注意

一般的なゲーミングキーボードはメカニカルキーボードなことが多いのですが、このキーボードはメカニカルキーボードではありません。

なのでメカニカル独特のカチカチした音じゃなく、メンブレンキーボード独特の音とキーの戻りです。

ですが商品ページにあるように”高いレスポンスを目指してチューニングされたキー”や”一般的なキーボードのキーと比較して最大4倍の入力スピードを実現”とメンブレンながらゲーミング仕様なので初めての1台にはもってこいのゲーミングキーボードです。

まとめ

ゲーミングキーボードを使ってみたい。でも高くていきなり買うのはちょっと怖いという方におすすめのエントリーモデルですよ!

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad