手首が痛い??エルゴノミクスキーボードがおすすめ!!

20150718111209_p

タイピングをしているときに手首が痛くなった経験はありませんか?

僕はあんまりキーボードと手の相性がよくなくて、タイピングをしていると1時間に1回ぐらい手を休めてあげないと痛くなってきます。

いくら僕は最近ブラインドタッチの練習をしているのですが、これだとそれができたとしてもあまり意味がありません。

なので良い方法はないかなと考えていたら面白い形のキーボードを発見し即購入したので紹介します。

スポンサーリンク
ad

そもそもエルゴノミクスとは?

20150718144834_p

エルゴノミクス(ergonomic)とは人間工学という意味です。たまにエルゴノミクス(ergonomics)とも言われます。

人間の動きってほぼ決まってますよね?ひじの曲がり方、手首の曲がり方、指の曲がり方、膝、腰、首などなど。少しの個性はあってもだいたいは決まっています。普通は反対に曲がりませんし、手首を曲げるのにも限界があります。そのように人間の体というのは決まった動きというのがあります。もしそれに反した動きを要求する製品があったら使いにくいですよね?

エルゴノミクスというのは人間の体の動きにあった使い方ができ、ストレスが少なく使える「人間にとっての使いやすさ」に重点を置かれた考え方です。

僕がエルゴノミクスキーボードをすすめる理由

「キーボードって使いにくい」て思ってことはありませんか?僕はしょっちゅう思っていたのです。だってキーボードはタイプライターが登場した時から形がほとんど変わっていないじゃないですか。しかも人間は椅子に座って机に手を自然置くと、本来手のひらは上を向くようです。なので普通のキーボードは手首に負担をかけている姿勢で使っているというわけです。

次に手首の角度、「ホンマでっか」というテレビ番組で”手首をそりながらタイピングしていると手の神経がすれていく”というのが紹介されていました。手首を沿った状態でタイピングを続けると最終的には指が痺れてくるらしいです。なのでタイピング時の手首の姿勢は、ピアノを弾く時のような手首が下向きになっている状態が一番神経に負担がかからず手にやさしいらしく、もしピアニストが手首をそりながら演奏すると一瞬で手首が痛くなるとのこと

この二つのことも考慮して作られているのがエルゴノミクスキーボードです。

とにかく手首が疲れにくい

普通のキーボードって長時間使っていると手が疲れてきませんか?僕は普通にキーボードを使っていたらまあ1時間くらいで疲れてきますね。そのまま使い続けると痛くなってきてちょっと休憩を挟みます。

でもこのキーボードはとにかく手首が疲れにくいです。この記事もいま書いていますが全然疲れません。むしろ書きやすくてドンドン書き続けたくなります笑

というのも、さっき言った人間工学のデザインだからです。真ん中が盛り上がっていて手がハの字になったときに使いやすいようにキーが配置されているので、かなり自然な形で手が置けますね。

20150718111228_p

20150718111232_p

そして下にある手首を休めれるパームレストが手首のリラックスにつながります。(リストレスト?)

キーの形が面白い

エルゴノミクスキーボードを見た時にびっくりすることといえばキーボードの形でしょう。

この独特の波のような形が疲れの軽減につながっているわけです。製品の画像や動画では伝わりにくいですが、

20150721184439_p

ここもアーチしていて指の動きに合わせたつくりになっていますので押しやすいです。

多々さも調節できる

裏面をはこんな感じで。

20150721190529_p

上部におなじみの高さ調節と下には見慣れない穴が、実はここには手前に出はなく奥に角度を付けることができる台がつきます。

20150721190732_p

つけるとこんな感じ、取り外し式なのでSurfaceのようなキックスタンドのようにかっこよくスマートにはいきませんが、使う分にはこれで十分です。

なんで奥に傾斜を作るのかというと、さっきのピアノとつながってくるわけですね。手首はピアノを弾く時のような、手首が前に傾斜した形が一番神経に負担がかかりにくいのです。なので奥に傾斜を作っているというわけです。

良いとこばっかだけど、大きい

ちょっと傷なのがこの大きすぎといってもいいくらいの大きさ、僕が今まで使っていた普通のワイヤレスキーボードと比較すると

20150721190916_p

こんな感じ、思わず鼻で笑います笑。

パームレスとがあるとはいえ、ちょっとでかすぎます。なので机に余裕がない人はもっとコンパクトなキーボードを探したほうがイイでしょう。

しかももうひと残念な点が前のキーボードは

20150721192017_p

こんな感じでPCの下にしまえたのですが

今回のは

20150721191803_p

入らねえ!!笑

これは「大きさなんか気にしなーい」と思ってた僕の完全なミスですが、僕はめげません。しまうときは、

20150721191835_p

こんな感じで後ろに立てておいています(笑)

サイズはしっかり確認して買いましょう笑

意外と安い

さてさて一番気にになるのはこれ!笑。「でもお高いんでしょ?」っていうあれです。

ですが僕がエルゴノミクスキーボードを買ったのは何よりも安かったからです。やっぱりやすくないと手は出ません(笑)。安いときになるのがメーカーで「中国メーカーだから安いんじゃないの?」と思うかも知れませんが大丈夫です。なんと僕が買ったのはMicrosoft純正の製品で、ちゃんとロゴも入ってます。

20150718144840_p

こんな感じちゃんとマイクロソフトってあります。ちなみにWindows10にも対応してますよ。

20150721185719_p

さてちょっと後に回しましたが値段です。公式でも買えますがおすすめしません。公式で見ると税込約6000円しますから。

僕はアマゾンで約3200円という半分ぐらいの値段で購入しましたから、もし買うならAmazonがおすすめです!

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad