【時間が鍵!】集中する力を高める2つの方法

皆さん集中力とは縁がありますか?

集中力が欲しい場面は生活して行く上でたくさんあると思います。社会人なら仕事に、学生なら勉強になど、日常生活で集中力を使わないことは殆ど無いですよね。

僕だとYoutubeで動画を投稿していることもあって、動画編集をしている時に集中力を使います。一つの動画を作るのに早くて30分、編集に手を入れると半日では終わらないこともあります。その間ずっと集中力を使います。

こんな感じでいろいろな所で必要となる集中力ですが、これってそう簡単に引き出すことはできませんよね。

何かに集中しようとしても「他のことに気が散って目の前のことに集中できない。」「ちょっとは集中出来ても長続きしない。」

今日はそんな方々に今日からできる集中テクニックを2つ紹介します。

スポンサーリンク
ad

集中する時に効果的な2つのテクニック

ポモドーロテクニック

ポモドーロ=イタリア語でトマト

ポモドーロテクニックとは、25分の集中と5分の休憩を1セットとして2~4回繰り返すことで集中力を持続させるテクニックです。

おそらくこれが一番簡単で手っ取り早いと思います。僕も実施しました。

方法としてはタイマーか何かで時間を測っておき、それに合わせて自分の行動を定めます。25分にセットして何かに取り組み、なったら5分測り休憩を取ります。これを繰り返すのです。

実は人間の集中力は連続して長く持ちません。だから適度な休憩を入れていくのですね。

すると普段は続かない集中も休憩を挟むことで長続きするというわけ。

僕も実際に実践しているのですがかなりいいですね。

何がいいかというと、今すぐにでも簡単にできるからなんです。僕はこれを知ってすぐにスマホにインターバルタイマーというのをDLして早速動画編集の作業にとりいれました。

タイマーさえあれば今すぐ実践できるテクニックです。

実際にやってみた感想としては生産性が上がったと実感しましたね。

僕の動画編集に取り入れた例で言うと、いつもだと時間を決めていないから力にブレーキがかかってしまうんです。「まだまだ時間がかかりそうだから力を節約しよう」みたいな感じの思考が働いていると思うんですよね。

でも時間という制限を設定することで、その時間内で全力疾走しようとしてくれるんです。だってタイムアップしたら休憩があるんですもん。

ゴールが見えているんで今に全集中力を注ぐことができます。

ウルトラディアンリズムを利用する

ポモドーロテクニックになれたら次はウルトラディアンリズムに挑戦してみましょう。

ウルトラディアンリズムとは人間の肉体に無意識のうちに備わっている90分の活動時間と20分休憩の生活リズムのことです。

実は人間の体にはすでにそのようなリズムが備わっているんですね。

この波に乗って行動し更に集中力を手に入れようというわけです。

さて、ここで先のポモドーロテクニックを思い出して欲しいんですが、

ポモドーロテクニックの基本は25分と5分の1セット。合計して30分が1セットとなるわけです。

もう気づきましたね?

そうなんです。ポモドーロテクニックは3セットするとちょうと90分なんですね。

だからウルトラディアンリズムはポモドーロテクニックとの相性が抜群なんですよね。

いきなりウルトラディアンリズムの波に乗るのは難しいと思います。90分集中するのは誰にでもいきなりはできないと思いますからね。僕もできませんでしたし笑

だから始めはポモドーロテクニックからゆっくり実践していってください。

ポモドーロテクニックに比べれば少し難易度は高いですが、組み合わせることで更に生産性の上昇が見込めることでしょう。

実施するときの注意点

集中するときは一つに絞る

このテクニックを実施するときの注意点としては集中することは一つに絞るということです。

よくマルチタスクをするほうが効率がいいと聞きますが、実際マルチタスクは2つのことを交互に考えているか一つは無意識のうちにこなせているかのどっちかです。

マルチタスクは裏を返すとそのような仕組みになっています。

例えばマルチタスクをこなそうとすると、脳は考えをA→B→Cと移動させるのに集中力を使います。タスクを移動させるときに無駄な集中力を使ってしまうんですね。

だから人間は一つのことに集中を注いてでいる時が、集中力を無駄なく一つに注ぐことができ一番良い結果を残せます。

休憩では軽い運動がおすすめ

ポモドーロテクニックでは5分の休憩を取ると書きましたが、その休憩では寝転んでぐったり休憩するのではなく軽い運動や瞑想がおすすめです。

心の底から休憩してしまうとその後にスイッチが入りにくくなります。

実は休憩中も脳は思考を働かせてくれています。5分間休憩しているつもりでもその間も脳は考えていてくれてるんです。

なので休憩中も休憩しているつもりでも集中力を保つことのできる瞑想や軽い運動がおすすめなのです。

なぜ運動をすると集中力を保たせてくれるかは僕が読んだ本を読んでみてください笑。(←宣伝が入りました笑)

まとめ

いかがでしたか?今回はメンタリストDaiGoさんの著書”自分を操る超集中力”を読んで僕が実践しているものを書きました。

人間は時間を制限したほうが生産性が高まるのは、日々の動画編集で今回紹介した2つのテクニックで身にしみて実感しましたね。

もちろん今回紹介したテクニック以外にも食事を始めとした生活習慣や集中力を生み出す方法など値段からは多すぎるくらいの方法が載っていますので、気になった方はぜひ読んでみてください!

↑これがリンクになります!

では!

スポンサーリンク
ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ad